So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

異常気象、宇宙のリズムが狂ってきた! [宇宙]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 二年続けて、西日本激甚災害、そして40℃を超す異常酷暑、宇宙のリズムが狂ってきた。

 犠牲になられた方々に、心より哀悼の意を申し上げます。

 宇宙は、地球や月の自転、公転による、四季や昼夜、潮の満ち干等々の自然のリズムと揺らぎを持っている。

 特に、月のリズムは、潮の満ち干が人間の誕生、死、女性のリズムに密接に関わっているという。地球温暖化は太陽のリズムが関わっていると言はれるが、他に人間や生物の体内時計は、24時間という昼夜のリズムに準拠しているともいう。

 自然のリズムが狂い、酷暑や暖冬、豪雨等々の災害が頻発する。我々は自然の猛威の前に無力である。

 北極の氷が溶けたり、キリマンジャロの万年雪が80%も消失するのは、自然破壊、環境破壊等々による地球温暖化が原因なのだろうか。

 かって、立花隆さんは、地球人口の定員は、50億人位と言った。食料、資源等の供給量からみて、50億人位と言った。しかし地球の人口は増加する一方だ。2050年には100億人になるという予測である。

 現在の世界人口、76億人を賄うため、農薬、遺伝子組み換え等々による食料増産、エネルギーの石油、天然ガスの採掘、熱帯雨林の伐採等々が必要悪となった。

 この50年で熱帯雨林の五分の1が伐採や焼き畑により消失したという。異常気象や砂漠化への影響は必至であろう。日本も東南アジアの森林資源を住宅建材用として壊滅的に伐採してきたと聞く。

 際限のない消費により、人間たちが、シロアリのごとく、地球をむさぼりくいつくす。地球が破滅へ向かう前兆なのだろうか。

 世界遺産で保護されているとは言え、かってレバノン杉で知られた、レバノンのカディーシャ渓谷と神のスギの森は、大規模、無秩序な伐採がたたり、壊滅的状況になったという。

 自然破壊、環境破壊のツケは世界が引き受けねばならない。

「足るを知る」ではないが、大国の国益追及の横暴をやめ、ゆずる精神で、協調、連帯の中で生きられないものだろうか。

 際限なき富と消費の追及をやめ、自然への回帰に戻らぬ限り、真の豊かさはやってこないのかもしれない。

 世界遺産に指定されたと言って、喜んでいる我々は、次の世代に残すものを持っているのだろうか。

 立ち止まって、世界の友とともに、自然の循環、再生に目を向け、一歩ゆずる精神と連帯に立ち帰って欲しい。


 小氷河期の到来。日本の異常気象の現実と真逆の都市伝説

youtube 地球温暖化
https://youtu.be/cIN3Xtn4bV4
https://youtu.be/bUOSl0nVBQk
https://youtu.be/cI



参考図書





何故かジャズ されどジャズ













nice!(333) 

時間が動き輝くのは、今だけ! [宇宙]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


「宇宙が教える人生の方程式」の中で、佐治晴夫理学博士は、時間が動くのは、今だけと言います。

 「私たちは時間とともに生きています。過去も未来も想像の中にあるだけで、現実にはありません。

 私たちが現実に生きているという瞬間とは、このすさまじい「今」だけです」と言います。

 

 サン・テクジュペリ、「南方郵便機」の一節、大空から見たジュヌヴィエーヴへの想いを描く回想録がある。

 『私 は 泉 を 突き止め た。 おぼえ て いる かね?   それ は ジュヌヴィエーヴ なの だ……

 少女 の ころ の あなた を 思い描い た。 あなた は 十 五 歳 で、 私 たち の ほう は 十 三歳 だっ た。 あなた が 私 たち の 思い出 の 中 で 老ける はず も ある まい?   あなた は いつ までも あの ひ弱 な 少女 で、 私 たち も あなた の うわさ を 耳 に する と、 そんな 少女 の まま の あなた が 人生 に 乗りだし た 図 を 想像 し て み ては、 はっと する の だっ た』

「以上、サン=テグジュペリ. 『南方郵便機』 Kindle 版.より抜粋 」


 ふと振り返って、過去の思い出の中で、時間は動かない。過去や未来の中では、時間は止まっているのだ。現実に動く時間は今だけなのだ。

 だからこそ、生きて輝くこの瞬間、今が大切なのだ。

 とまった時間は、何も生み出さない、何も生まれない。

 私たちは、過ぎ行く時間の中で、今、最高に充実した仕事をしなければならない。

 サン・テクジュペリは、第2次大戦でフランス解放部隊に従軍中、命がけの偵察飛行を敢然と成し遂げ、1944年7月、地中海上で、ナチスの戦闘機部隊と交戦の上、撃墜され行方不明となったとされる。

 サン・テクジュペリの崇高で、逆境に立ち向かう勇気と使命感は、何処で養われたのだろうか。

 「人間であるとは、まさに責任を持つことだ。自分には関係がないような悲惨を前にして、恥を知ることだ」

 人間への賛歌と連帯感を常に抱いていた。

 「星の王子さま」を生み出した彼は、人間と地球への賛歌と弱者への温かい眼差しを持っていた。

 サン・テクジュペリは、飛行操縦士として、大空から見た世界の明日の建設と悲惨に対して、常に心を砕いていた。

 使命を背負う人間の崇高な姿を描く、「人間の土地」最終章の言葉である。

 「精神の風が、粘度の上を吹いてこそ、はじめて人間は創られる」


参考図書 宇宙が教える人生の方程式 








何故かジャズ されどジャズ






 
nice!(309)