So-net無料ブログ作成

時人を待たず [宇宙]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」

 曹洞宗開祖、道元禅師が、最晩年に詠んだ歌である。

 日々新たなり、時は巡り、生々流転、形あるものは、常に変化、崩壊する。宇宙の定めである。

 太陽が、月が、星が巡り、地球に生命の躍動が漲る。四季があり、月の満ち欠け、潮の満ち干き、嵐の夜明け等々、宇宙の生命力、宇宙の絶対原理である。その核心は、揺らぎ、である。

 人の命は、自然、他者との関わりに於いて、常に、「空 縁起 無常」であるという。

 吉野 弘さんは、「生命はその中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ(「生命は」)」という。

 「生きていることのなつかしさにふと胸が熱くなる(「祝婚歌」)」とも言う。


 宇宙の神秘、運航と偉大なエネルギーにより、人間も生き物たちも生かされている。

 人間は宇宙の遠大な力により創造された生命体である。人間の身体は、まさに小宇宙であるという。

 四季折々の風を頬に受け、朝起きたら、生命の光、自分が生きていること、生かされていることに感謝したい。

 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」

 時人を待たず、という。

 「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」「方丈記」

 健康な人の身体の中を流れる”水と気”の流れは、停滞することなく、よどみなく流れてゆく。

 人間は、体内、体外に二つの時計を持っているという。概日リズムである。

 人の体内時計は、約25時間、体外時計は24時間で、ほぼ一時間のズレがある。このずれを修正するのが、太陽の光だという。

 朝起きて、朝日を浴びると、体内のメラトニンの合成や、分泌時間が調整され、人の持つ体内の時計機能、生体リズムが調整され、一時間のずれが修正されるという。

 宇宙の遠大な力、地球の自転、公転によるリズムが人の健康を司る神秘に感動する。

 自然に寄り添い、生体リズムで心身の健康を整え、「生きていることのなつかしさ」に、日々、熱く感謝したい。


参考図書




何故かジャズ されどジャズ









nice!(309) 

異常気象、宇宙のリズムが狂ってきた! [宇宙]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 二年続けて、西日本激甚災害、そして40℃を超す異常酷暑、宇宙のリズムが狂ってきた。

 犠牲になられた方々に、心より哀悼の意を申し上げます。

 宇宙は、地球や月の自転、公転による、四季や昼夜、潮の満ち干等々の自然のリズムと揺らぎを持っている。

 特に、月のリズムは、潮の満ち干が人間の誕生、死、女性のリズムに密接に関わっているという。地球温暖化は太陽のリズムが関わっていると言はれるが、他に人間や生物の体内時計は、24時間という昼夜のリズムに準拠しているともいう。

 自然のリズムが狂い、酷暑や暖冬、豪雨等々の災害が頻発する。我々は自然の猛威の前に無力である。

 北極の氷が溶けたり、キリマンジャロの万年雪が80%も消失するのは、自然破壊、環境破壊等々による地球温暖化が原因なのだろうか。

 かって、立花隆さんは、地球人口の定員は、50億人位と言った。食料、資源等の供給量からみて、50億人位と言った。しかし地球の人口は増加する一方だ。2050年には100億人になるという予測である。

 現在の世界人口、76億人を賄うため、農薬、遺伝子組み換え等々による食料増産、エネルギーの石油、天然ガスの採掘、熱帯雨林の伐採等々が必要悪となった。

 この50年で熱帯雨林の五分の1が伐採や焼き畑により消失したという。異常気象や砂漠化への影響は必至であろう。日本も東南アジアの森林資源を住宅建材用として壊滅的に伐採してきたと聞く。

 際限のない消費により、人間たちが、シロアリのごとく、地球をむさぼりくいつくす。地球が破滅へ向かう前兆なのだろうか。

 世界遺産で保護されているとは言え、かってレバノン杉で知られた、レバノンのカディーシャ渓谷と神のスギの森は、大規模、無秩序な伐採がたたり、壊滅的状況になったという。

 自然破壊、環境破壊のツケは世界が引き受けねばならない。

「足るを知る」ではないが、大国の国益追及の横暴をやめ、ゆずる精神で、協調、連帯の中で生きられないものだろうか。

 際限なき富と消費の追及をやめ、自然への回帰に戻らぬ限り、真の豊かさはやってこないのかもしれない。

 世界遺産に指定されたと言って、喜んでいる我々は、次の世代に残すものを持っているのだろうか。

 立ち止まって、世界の友とともに、自然の循環、再生に目を向け、一歩ゆずる精神と連帯に立ち帰って欲しい。


 小氷河期の到来。日本の異常気象の現実と真逆の都市伝説

youtube 地球温暖化
https://youtu.be/cIN3Xtn4bV4
https://youtu.be/bUOSl0nVBQk
https://youtu.be/cI



参考図書





何故かジャズ されどジャズ













nice!(335)