So-net無料ブログ作成

片手で音が出るか。 [社会]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 隻手音声


 年を重ね、老年期になると、広角で、ものを考えることが難しくなる。思考に隙ができるのだ。

ものを見ていても、全体を見渡せず、一部分しか見ていないことが多い。


 チコちゃんに、叱られますね。「ボーッと生きてんじゃねえよ」


 例えば、「夜はなぜ暗いのか」、太陽が隠れているからではない。宇宙に果てがあるからだという。

 科学者たちが、この素朴な疑問を見逃さず、深い研究の結果、見えてきた宇宙の果てである。

 『宇宙が無限であれば、星も無限であるが、果てがあり、有限であれば、星がなく、光が届かないので暗闇になるという。

 ドイツの天文学者、オルパースが1826年に発表しました。

 今見えている星の光は、宇宙の果て、138億光年の彼方からやってきます。ところが、1929年には、アメリカの天文学者、ハップルが、宇宙は膨張し続けていることを発表しました。現在の宇宙の大きさは、470億光年だといわれています』「宇宙が教える人生の方程式、より参照」


 禅の公案に、「隻手音声」があります。

 白隠禅師の問いかけです。
  
 「両手を打つと、音が響く。しかし、片手では、どんな音がするか」。  
 
 「両掌(りょうしょう)打って音声(おんじょう)あり、隻手(せきしゅ)に何の音声かある」。

 自己を捨て、物事のこだわりから、脱却しないと、この答えは、容易には見つからない。


 白隠禅師は言う。「自分、自分」と己のことで一杯になった頭では何ひとつ、見えも聞こえもするはずはなく、ただ我執を離れ、対象と一体になった時にのみ、姿を現わす不可思議な音である」という。

 頓智を利かせれば、相手が差し出した片手を、自分の片手で打てば、パチンと音が出るはず。

 これは、音が出る「両手で打つ」という先入観、知識から脱却し、こだわりを捨てることから見えてくる答えです。

 柔軟な立ち位置を持てば、ヤジロベーのごとく、揺らげどもその支点はぶれない。

「自分が、私が」、これが争いを生み、調和を乱しているのです。

「空、縁起、無常」、まさに、自己には実体はなく、常に他者と係わり合い、移ろいゆく。今日の自分は、明日の自分ではなく、ここに他者と共存して生きてゆく知恵と進歩があるのであろうか。

 いつまでも、フレッシュな興味感性とワクワク感を持ち続けたいものである。



参考図書

Happy shopping by your account











何故かジャズ されどジャズ








nice!(288)