So-net無料ブログ作成

時人を待たず [宇宙]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」

 曹洞宗開祖、道元禅師が、最晩年に詠んだ歌である。

 日々新たなり、時は巡り、生々流転、形あるものは、常に変化、崩壊する。宇宙の定めである。

 太陽が、月が、星が巡り、地球に生命の躍動が漲る。四季があり、月の満ち欠け、潮の満ち干き、嵐の夜明け等々、宇宙の生命力、宇宙の絶対原理である。その核心は、揺らぎ、である。

 人の命は、自然、他者との関わりに於いて、常に、「空 縁起 無常」であるという。

 吉野 弘さんは、「生命はその中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ(「生命は」)」という。

 「生きていることのなつかしさにふと胸が熱くなる(「祝婚歌」)」とも言う。


 宇宙の神秘、運航と偉大なエネルギーにより、人間も生き物たちも生かされている。

 人間は宇宙の遠大な力により創造された生命体である。人間の身体は、まさに小宇宙であるという。

 四季折々の風を頬に受け、朝起きたら、生命の光、自分が生きていること、生かされていることに感謝したい。

 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」

 時人を待たず、という。

 「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」「方丈記」

 健康な人の身体の中を流れる”水と気”の流れは、停滞することなく、よどみなく流れてゆく。

 人間は、体内、体外に二つの時計を持っているという。概日リズムである。

 人の体内時計は、約25時間、体外時計は24時間で、ほぼ一時間のズレがある。このずれを修正するのが、太陽の光だという。

 朝起きて、朝日を浴びると、体内のメラトニンの合成や、分泌時間が調整され、人の持つ体内の時計機能、生体リズムが調整され、一時間のずれが修正されるという。

 宇宙の遠大な力、地球の自転、公転によるリズムが人の健康を司る神秘に感動する。

 自然に寄り添い、生体リズムで心身の健康を整え、「生きていることのなつかしさ」に、日々、熱く感謝したい。


参考図書




何故かジャズ されどジャズ









nice!(309)