So-net無料ブログ作成

心身活性化と向き合う [美容健康]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 中村天風によれば、人間の心と体の一体化、心身統一法が最高の人生を生きる鍛錬であるという。

 昔の賢人たちは、「腹八分目」と言った。なんと満腹は、老化物質を発生させ、血管を老化させ、動脈硬化の元凶だという。

 老化物質とは、血糖値下げる反面、老化促進のホルモン、インシュリンである。少し腹ペコ状態では、長寿遺伝子「サーチュイン」及び若さを保つ「成長ホルモン」が分泌地されるという。

 天寿を全うし、さわやかに生きるため、血管と脳の若さを保つことが必要なのであろう。

 サラダオイルやパーム油(カレールーなどに含む)などの一部は、常食すると脳を破壊し、認知症、アルツハイマー、記憶障害等々を引き起こす、脳の病気につながるという。

 油は、大量生産段階で、200℃以上の高温で抽出され、酸化が進み、家庭で調理の段階でさらに高温にさらされ酸化する。

 この酸化した油が体を酸化させ、老化させるという。油には、N6系(リノール酸)とN3系(αリノレン酸)が有り、体に良い油は、N3系のオメガ3に属するエゴマ油、シソ油だという。

 一般に、生絞りの低温抽出のキャノーラ油や、コールドプレスのエクストラバージンのオリーブオイル、ココナツオイル等々が体に良いとされる。

 ファストフード、コンビニ、スナックメーカー、スーパー、デパ地下等々では、大量の油で終日繰り返し加熱、揚げられている。どろどろの黒い油で揚げられたドーナツ、フライドチキン、ポテトチップス等々の揚げ物には、ヒドロキシノネナールという毒性成分が発生しています。

 若いうちは新陳代謝が良いので、毒は排出されますが高齢になれば排出されず、これが、虚血性心疾患の引き金になり体や脳に炎症を起こし、血管を老化させます。

 たかが油というなかれ!そのサラダオイルが、脳を破壊、動脈硬化、脳疾患、心筋梗塞、脳卒中等々の引き金になるのだという。

 血管を強くし、血液をサラサラにするには、青魚に含まれるEPA /DHAを多く含むイワシ、サバ、サンマ、アジなどの青魚を多く常食するとよいとされる。

 認知症対策として、脳に良いとされる運動は、一日30分のウオーキングやサイクリングが良いと聞く。特にかかとに圧力がかかる歩き方をすると、骨密度改善にもつながるという。

 「継続は力なり」、一日30分の運動を続ければ、記憶力や集中力アップにもつながり、認知症発生率を40%抑えることが可能だというデータがある。

 最後は睡眠である。体内時計をうまく活用し、良質の睡眠を得るよう心掛けたい。

「スタンフォード式「最高の睡眠」によれば、脳を鎮静化し、入眠からの黄金の90分をしっかり眠ること。

 その睡眠により自律神経が整えられ、グロースホルモンという成長ホルモンが分泌されると言う。

 よく笑い、食べ、眠ることで、身体の60兆個の細胞が活性化され、さわやかな健康が約束されるのかも知れない。


参考図書













何故かジャズ されどジャズ












nice!(308) 

nice! 308