So-net無料ブログ作成

水は方円の器に従う [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

  より閲覧願います。



 老子の道徳経8章に、「上善は水のごとし」とある。


 上善は水の若(ごと)し。水は善(よ)く万物を利して争わず、衆人の悪(にく)む所に処(お)る、故に道に幾(ちか)し。


「水は方円の器に従う」ともいう。

 孔子の韓非子に「人君為る者は猶盂のごときなり。民は猶水のごときなり。盂方なれば水方に、盂圜なれば水圜なり」


 水は高いところから、低いところへ、変幻自在にかたちを変え流れる。万物を利して争わずという。

 中国の先人たちが説いた「道」の姿である。

 
 勝負事の鉄則は、流れの中に無心に身を置くことである。流れに逆らわず身を任せながら、チャンスをうかがう。或いは、ねばって逆境を跳ね返す。

 勝負において、相手をねじ伏せようとするのは、相当の力量を必要とする」。相撲など格闘技をよく見ていると、相手の力をうまく利用して勝っている。負けるほうは、ほとんど力みすぎで、自滅している。

 まさに無心の水の流れである。白鳳がよく言う、「勝つ相撲はとらない」である。

 人生、人の道は長い。争いで自滅することなきよう心がけたい。


 人間や生物の身体の中にも、水やリンパの流れがある。それが「自然治癒力」であるにつながる。

 人類生誕から数十億年にわたり脈々と流れ続けている「サーカディアンリズム」であるという。

 夜更かしはダメ、12時前には就寝しなさい、とよく言われる。

 人間の身体は、太陽が出ると起きて、日が沈むと寝て、休息をとるようできているようだ。

 このリズムが狂うと、悪しきウイルスを攻撃する「リンパ球」の流れとバランスが崩れ病気になると聞く。

「サーカディアンリズム」とは概日リズム、すなわち一日24時間の体内時計のことである。

 体内時計の狂いは、朝起きて朝日にあたることで、リセットされるという。人の体の60兆個の細胞が活性化されるとも言います。


 前記事があります。よろしければどうぞ。

 1/f ゆらぎと生体リズム健康法 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/2015-04-24


 
 

 ナイス、コメント欄は閉じております。ご了解下さるようお願いいたします。



参考図書

ゆらぎの不思議―宇宙創造の物語 (PHP文庫)
ゆらぎの不思議―宇宙創造の物語 (PHP文庫)佐治 晴夫

PHP研究所 1997-09
売り上げランキング : 277729


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





何故かジャズ されどジャズ 

マイ・フェイバリット・シングス
マイ・フェイバリット・シングスドン・フリードマン ドン・フリードマン・トリオ

ヴィレッジ・レコード 2013-04-02
売り上げランキング : 149563


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






トラックバック(0) 

トラックバック 0