So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

百花、春至って誰が為仁か開く [禅語]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。



 百花誰が為にか開く
 

「碧巌録」第五則の「百花為誰開」(百花、春至って誰が為にか開く)が出典。


 ひたすら、無心に咲く花の姿に、ふと一体誰のために咲いているのだろうか、という想いがよぎる。

 「雨ならずして花猶落つ 風無くして 絮(いと)自ずから飛ぶ」《不雨花猶落 無風絮自飛(槐安国語)》禅語である。

 青柳の絮よりかくる春しもぞ乱れて花のほころびにける 紀貴之『古今集』

 雨なく、風無くして、咲く花は、散る定めを持つ。

 西行法師は、謳う。

 「春風の花を散らすとみる夢は さめても胸のさわぐなりけり」

 辞世の句と言われる「ねがわくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」がある。

 「如月の望月のころ」は旧暦で、その二月十五日は、満月の日だと言う。


 芽吹きの春、桜の咲く季節である。

 京都の櫻守、佐野藤右衛門さんは、「桜は、満月に向かって咲きよる」という。

 藤右衛門さんは、山奥深く、人知れず咲く山桜に愛着を持つ。「人の手が入り込めない厳しい美しさを持っている」と言い、帰り際には、「来年また来るからな」と言って別れるという。

 万人が知る春咲く菫を謳った名歌がある。

 「春の野にすみれ摘みにと来し我ぞ野をなつかしみ一夜寝にける」 山部赤人、(万葉集)

 自然に寄り添う本来の暮らしがある。

 吉野弘さんの詩の一節、「生きていることのなつかしさ」がよぎる。


 日本語で使う、かな文字四十七字全てを使った「いろは歌」がある。

 「いろはにほへとちりぬるを

 わかよたれそつねならむ

 ういのおくやまけふこえて

 あさきゆめみしゑひもせず」
 
 「色は匂えど散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ

 有為の奥山今日越えて 浅き夢見じ酔ひもせず」


 何故か無常感が漂う。
 

 桜の花は、美しく咲くが、その散り際もはかない。日本人の好む、いさぎよさ、なのだろうか。

 花の命は短い。人生も長いようで短い。

 ほろ酔いで、ぼうっと生きないで、しっかりした大きな夢と志を持ちたい。

 地に足をつけて、微笑みをもって、ゆるぎなき人生を全うしたい。

 「我、事において 後悔をせず」 宮本武蔵 「独行動」より。


 参考図書

 

何故かジャズ されどジャズ




 
 

 



nice!(287) 

スパイ天国、AI最先端技術が盗まれている。 [国際]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 ファーウェイはなぜ大問題なのか
 引用記事全文
 https://diamond.jp/articles/-/187921?page=2

 世界で進むファーウエイ排除の動き
 引用記事全文
 https://special.sankei.com/a/economy/article/20181223/0003.html

 日米政府が政府調達機器からの排除方針
 引用記事全文
 https://special.sankei.com/a/economy/article/20181217/0001.html


 北欧にも広がるファーウェイへの警戒
 引用記事全文
 https://www.sankei.com/world/news/190206/wor1902060035-n1.html



 日本の人口知能技術が、無防備に、中国や北朝鮮に盗まれているという。

 日本には、スパイ防止法が無く、スパイを取り締まる法律がないため、外国のスパイは、日本社会に深く潜入し、原発、IT,AI、等々のに技術を盗み出しているという。スパイは五万といて、日夜、日本の最先端技術をあさっていると聞く。

 最近、日本への北朝鮮の乗組員不在の木造船の漂着が多い。過去の拉致に関わる特定の場所と一致するところが多いと聞く。潜入工作員の可能性大である。脱北者によれば、日本のスパイ工作は、やりたい放題らしい。この辺は、参議院、自民党議員、青山繁晴氏の下記YouTubeをご参照願います。

 個人情報保護法とスパイ防止法は、車の両輪をなすもので、スパイ防止法がないため、国益が無防備に盗まれ、破壊される危険が十分にある。

 最近のAI技術の進歩は目覚ましく、例えば、囲碁、将棋の世界では、定石や打ち方までを変えるほど進化している。

 そのAIや電子工業の技術が、中国に盗みだされているという恐るべき現実がある。

 「日本のIT産業が中国にまれている」盗まれている」深田萌絵著

 深田氏は、Revatron株式会社代表取締役社長(コンピューター設計、チップソリューション、AI高速処理設計を国内大手企業に提供)である。

 深田氏は、「中国のファーウェイや半導体シンジケート、青幇(チンパン)を中心としたスパイ戦と戦い、多くの圧力と妨害を受けて全財産を失うまでに追い詰められた」という。

 著者によれば、「ファーウェイ」は、スパイ企業で技術泥棒だ。さらに、シャープや東芝の買収は、中国が深くかかわっている。

 AIやITの日本の最先端技術をめぐり、中、台、北が暗躍している恐るべき現実があるという。

 シャープが,台湾、鴻海(ホンハイ)に買収されたことは記憶に新しい。実は、この鴻海が怪しい。

 「鴻海のテリーゴウは、中国の青幇(チンパン)の構成員で、台湾暴力団、竹聯幇幹部の義兄弟である。コンピューターデバイスのスパイチップやメモリーを廉価で大量に生産し、これが青幇の裏資金になる」と聞く。

 まさに、半導体シンジケート、マフィアの独壇場であろうか。シャープ、エルピーダメモリー等々が中国系マフィア企業の手に落ちたのも腑に落ちる。

 シャープもエルピーダメモリーも、当然、日本資本がテコ入れすべき事案なのだ。

 日本政府は一体何をしているのか。

 「鄧小平一族は、青幇と組み日本の家電や半導体産業を狙った」という。ファーウェイ等により、日本のITや半導体最先端技術が恒常的に流出し 、重大な国益が損なわれて行く。

 鄧小平亡き後、一族は繁栄を極め、鴻海のシャープ買収は、 鄧一族の青幇と組んだ謀略の網にたどり着くという。

 文化大革命の標語に「愚公、山を移す」があった。愚公の家の前に山があり、日当たりが悪いので、愚公が山を削り始めた。皆が笑ったが、愚公はこの仕事は、私の末代まで続けるといってきかなかった。

 文化大革命時、劉少奇、鄧小平は、資本主義の修正主義者として、三角帽子をかぶせられ、街中を小突き回され、獄中にとらわれていた。劉少奇は獄死したが、鄧小平は不死鳥のように甦った。「もう貧乏は嫌だ」と言った鄧小平の野望は、一族の栄華に引き継がれていったのであろう。

 この遠大な狡知、深謀遠慮は、まさに「愚公、山を移す」であろうか。


 トランプ大統領は、アメリカの「中国人留学生の殆んどがスパイ」だと言ったが、日本でも例外ではないと見るべきであろうか。

 国会論戦も、加計学園、森友学園等々に明け暮れる。ファーウェイを追及する力量は無い。野党議員の力量の無さに改めて愕然とする。

 個人情報保護法や人権がまかり通り、セキュリティークリアランスが置き去りにされている。日本はまさにスパイ天国なのであろうか。

 100年企業のシャープが外国資本に落ちたのは何とも情けない。国家の技術中枢が、盗まれ、流出を食い止める手立てはないものだろうか。

 このまま技術流出が続けば、日本の家電、電子工業は衰退の一途をたどるのかもしれない。ものづくり日本の危機ではなかろうか。


参考図書








youtube 青山繁晴動画 スパイ防止法
https://youtu.be/L6DFMBy-Icg

ファーウェイ問題
https://youtu.be/Ol8RXTwtlfc


nice!(296) 

今、この瞬間を生きる『而今(にこん)』 [社会]



皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


『而今(にこん)』 禅語である。

 「今この瞬間」は二度と戻らない。今、生きている現実は、この瞬間しかない。「今」この瞬間を大切に、丁寧に生きねばならない、という教えである。

「徒然草」第百八段に、「寸陰惜しむ人なし、これよく知れるか、おろかなるか」がある。

 ちょっとの時間を惜しむ人はいない。「時、人を待たず」をよく知っている人なのか、惜しむことを知らない愚かな人なのか。ちょっとの間を無為、無策に過ごし、これがずっと続けば、命が終わる時が立ちどころにやってくるであろう、という戒めに続く。

 時間の矢は、過去、現在、未来へと、一方向にしか流れない。時間は、止まることはないので、この一瞬、一瞬を大切に生きねばならない。

 矢沢永吉の歌に「時間よ止まれ」があるが、夢か現か、時間が止まればいいなと思う時があるが、停滞は進歩なき死である。

 時間を止めて、巻き戻すことは出来ない。ここに、厳然と、熱力学第2法則の不可逆性が立ちはだかる。

 熱は熱い方から、冷たい方へ流れる。冷たい方から熱い方へは流れない。雪だるまが溶けてなくなる理屈であるという。

 この温度差がなくなるよう、この拡散のエントロピーは常に最大の方向へ動く。

 「エントロピーとは、乱雑さ(ランダムさ)を表す尺度である」という。

 雪だるまが溶けてなくなる時が、熱力学的平衡状態になり、エントロピー最大となり、終焉する。形あるものが、なくなる時、命が終わる時である。

 この不可逆性が時間をも支配する。秩序あるものは秩序なき方へ、形あるものは、時を経て崩壊する。人の命、すべての生物もこの定めの中にあるが、ある一定期間、命が続く限り、エントロピー排除の方向へ動く。

 『「生命とは、(熱力学的学的平衡を超えた)動的平衡にある流れである」「(生命の)秩序は、守られるために絶え間なく壊されなければならない」』 福岡伸一 「生物と無生物のあいだ」

 わかりやすく言えば、人間は、負のエントロピーを食べて、老化に抗しているという。


 しかし、宇宙の絶対原理、あの「エントロピー増大の法則」を回避することは出来ない。命には限りがある。

 宇宙から頂いた命、自然や隣人から生かされている命、そのために、よりよく生きねばならない。

 人生は長いようで短い。「今何をすべきか」をよく考え、無為、無策、怠惰に、時を過ごさぬよう勇気と夢をもって、揺るぎなき前進をしたい。


参考図書




nice!(332) 

春遠からじ、新しき年に向かって! [社会]

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


新年明けましておめでとうございます。

 新しき年が、平和と共存の稔り豊かな年であるよう祈ります。

 皆様方、本年もお元気で、ご健闘されることを期待いたします。

 本年もよろしくお願いいたします。

 
 「冬来たりりなば、春遠からじ」、新しき希望の年でありたい。

 
 人間、歳を重ねることによって、失うものもあるが、年輪のごとく、身につくものもある。

 自然や宇宙の仕組みが、おぼろげながら見えてくる。

 自分が、自然や他者によって生かされていることに気付くようになる。

 人間は、本源的に、「貢献」、「奉仕」の精神を備えている。他者に尽くすことによって、豊かな人生が開けてくる。

「節度」を以った人間は、「得」ではなく「徳」を積むことで豊かになる。自らのためでなく、他者に奉仕することによって、信を問はずとも、信を一身に受けることになるのであろう。

 「衣食足りて礼節を知る」

「礼」は、自らは謙虚に、自然や他者を敬う、「節」は、やはり「足るを知る節度を持つこと」、そして、他者に尽くし与えることで豊かになるのかも知れない。

 

 sui_006ブログ年賀.jpg


 今回のみ、Nice欄は閉じてあります。
 投稿記事は前記事、 「災、生き延びる叡智」の閲覧をお願い致します。






災、生き延びる叡智 [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。世の中にある、人と栖と、またかくのごとし。」

 方丈記、書き出しの名文である。800年も前に、鴨長明さんが書いたこの書き出しは、いみじくも現代の、エントロピー増大の法則を言い当てて妙である。

 さらに、長明さんは、「知らず、生まれ死ぬる人、何方より来りて、何方へか去る」と言い、人の命の根源を問いただす。

 鴨川の流れをじっと見つめ、人の世と栖のはかなさを歌い上げた人間への賛歌と不条理の深い洞察であろうか。


 時として、人生は不条理というが、太陽は万人を平等に照らす。人は、自然の恵みと他者の支えにより生かされている。

 吉野弘さんの詩に、

 「生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい」

 「生命は その中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ」がある。

 人は、他者より支えられて存在することに気づき、自然の恵みや他者への感謝、礼儀を忘れないで欲しい。


 今年の漢字は「災」だという。地球温暖化や自然災害の多発が理由である。

 ”災”、我々は生き延びるための叡智を持っているのだろうか。人間たちのすさまじいエゴと大国の理不尽な横暴によって、緑豊かな地球は浸食、破壊されてゆく。

 地球を食いつぶす愚かな人間たちに比し、森林の樹木たちは、害虫や病気、旱魃などで降りかかる災害を生き延びる知恵を持っているという。

 植物は脳を持たないが、樹木たちは、環境変化に対応する学習能力を持っているという。脳の働きを代行する何かを持っているのだろうか。目からうろこである。

 樹木たちは、葉や枝を隣の木の領分にまで伸ばさない。樹木たちは仲間を気遣い共存する術を持つ。

 樹木たちは、害虫や外敵に対し、芳香、有害物質を出し、土中の根は、電気信号を出して、災害を警告するという。生き延びるため、仲間を気遣うコミニュケーション手段を持つ。


 脳を持たぬ樹木たちに出来て、何故脳を持つ人間たちに出来ないのだろうか。

 人間は、地球を守る、わずか3ミリ程度のオゾン層と、緑豊かな大地に恵まれて生きている。

 地球誕生の46億年前には、太陽からの紫外線が地球上を覆っていた。 したがって、生物は紫外線の届かない海中でしか暮らせなかった。

 46億年の長い間、光合成が繰り返され酸素が増えてオゾン層が形成された。シダや苔、樹々たちの光合成で酸素が増え、生き物たちは、海中から陸へ上がったとされる。人間のDNAに刻まれる渚の記憶である。

 オゾン層の破壊や熱帯雨林の激減が止まらない。

 人口増を賄うため、森林伐採と無節操な焼き畑農業により、肥沃な大地から、養分と水分が失われ、砂漠化が進む。

 ブラジル、アマゾン川流域の世界最大の熱帯雨林では、この50年で約5分の1が消滅したと聞く。

 自然の循環再生サイクルが、人間の人口増に追いつかないのだ。

 現在の世界人口は約75億人、立花隆さんは、地球が人口を賄えるキャパシティーは50億人くらいだという。
 
 世界の人口増加は、人間を含め、動植物に対応する地球が持つ生命維持のキャパシティーをはるかに超えてしまった。

 キリマンジャロの万年雪は、地球温暖化のため、ここ100年で95%が消滅したという。 

 アフリカやアフガニスタン等々は、今から50年ほど前までは、緑豊かな大地であった。それが今では、砂漠化とテロの不毛の地と化しつつある。

 このかけがえのない環境を破壊するのも、大国の身勝手な国益と人間の際限のない欲望とエゴであろうか。地球環境の破壊は、このツケが回った自業自得ではなかろうか。

 2004年にノーベ ル平和賞を受賞したケニア、副環境大臣のワンガリ・マータイさんは、日本語の 「 もったいない 」 という言葉には、地球環境の大切さを訴える力があると言った。

 命が生き延びるため、「天然資源を大切に、ムダ使いをやめ、世界の人々と平等に分かち合っていくことを願う」という。

 我々にできることは何か。身近な小さなことでも良い。できることから始めたい。


 新しき年に向かって、生き抜くために、心の軸足と、身体の軸足をしっかりと身につけたいものだ。

 今年一年、お忙しいさ中にも、いつも本ブログを応援して頂き有難うございました。来年も宜しくお願い致します。


 今年もあと僅か、新しき年が、実り豊かな年でありますように祈ります。

 どうぞ皆様、お元気でご健闘の上、良いお年をお迎え下さい。



参考図書

 





何故かジャズ されどジャズ

 

 
  


nice!(261) 
前の5件 | -