So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

今、この瞬間を生きる『而今(にこん)』 [社会]



皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


『而今(にこん)』 禅語である。

 「今この瞬間」は二度と戻らない。今、生きている現実は、この瞬間しかない。「今」この瞬間を大切に、丁寧に生きねばならない、という教えである。

「徒然草」第百八段に、「寸陰惜しむ人なし、これよく知れるか、おろかなるか」がある。

 ちょっとの時間を惜しむ人はいない。「時、人を待たず」をよく知っている人なのか、惜しむことを知らない愚かな人なのか。ちょっとの間を無為、無策に過ごし、これがずっと続けば、命が終わる時が立ちどころにやってくるであろう、という戒めに続く。

 時間の矢は、過去、現在、未来へと、一方向にしか流れない。時間は、止まることはないので、この一瞬、一瞬を大切に生きねばならない。

 矢沢永吉の歌に「時間よ止まれ」があるが、夢か現か、時間が止まればいいなと思う時があるが、停滞は進歩なき死である。

 時間を止めて、巻き戻すことは出来ない。ここに、厳然と、熱力学第2法則の不可逆性が立ちはだかる。

 熱は熱い方から、冷たい方へ流れる。冷たい方から熱い方へは流れない。雪だるまが溶けてなくなる理屈であるという。

 この温度差がなくなるよう、この拡散のエントロピーは常に最大の方向へ動く。

 「エントロピーとは、乱雑さ(ランダムさ)を表す尺度である」という。

 雪だるまが溶けてなくなる時が、熱力学的平衡状態になり、エントロピー最大となり、終焉する。形あるものが、なくなる時、命が終わる時である。

 この不可逆性が時間をも支配する。秩序あるものは秩序なき方へ、形あるものは、時を経て崩壊する。人の命、すべての生物もこの定めの中にあるが、ある一定期間、命が続く限り、エントロピー排除の方向へ動く。

 『「生命とは、(熱力学的学的平衡を超えた)動的平衡にある流れである」「(生命の)秩序は、守られるために絶え間なく壊されなければならない」』 福岡伸一 「生物と無生物のあいだ」

 わかりやすく言えば、人間は、負のエントロピーを食べて、老化に抗しているという。


 しかし、宇宙の絶対原理、あの「エントロピー増大の法則」を回避することは出来ない。命には限りがある。

 宇宙から頂いた命、自然や隣人から生かされている命、そのために、よりよく生きねばならない。

 人生は長いようで短い。「今何をすべきか」をよく考え、無為、無策、怠惰に、時を過ごさぬよう勇気と夢をもって、揺るぎなき前進をしたい。


参考図書




nice!(329) 

春遠からじ、新しき年に向かって! [社会]

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


新年明けましておめでとうございます。

 新しき年が、平和と共存の稔り豊かな年であるよう祈ります。

 皆様方、本年もお元気で、ご健闘されることを期待いたします。

 本年もよろしくお願いいたします。

 
 「冬来たりりなば、春遠からじ」、新しき希望の年でありたい。

 
 人間、歳を重ねることによって、失うものもあるが、年輪のごとく、身につくものもある。

 自然や宇宙の仕組みが、おぼろげながら見えてくる。

 自分が、自然や他者によって生かされていることに気付くようになる。

 人間は、本源的に、「貢献」、「奉仕」の精神を備えている。他者に尽くすことによって、豊かな人生が開けてくる。

「節度」を以った人間は、「得」ではなく「徳」を積むことで豊かになる。自らのためでなく、他者に奉仕することによって、信を問はずとも、信を一身に受けることになるのであろう。

 「衣食足りて礼節を知る」

「礼」は、自らは謙虚に、自然や他者を敬う、「節」は、やはり「足るを知る節度を持つこと」、そして、他者に尽くし与えることで豊かになるのかも知れない。

 

 sui_006ブログ年賀.jpg


 今回のみ、Nice欄は閉じてあります。
 投稿記事は前記事、 「災、生き延びる叡智」の閲覧をお願い致します。






災、生き延びる叡智 [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。世の中にある、人と栖と、またかくのごとし。」

 方丈記、書き出しの名文である。800年も前に、鴨長明さんが書いたこの書き出しは、いみじくも現代の、エントロピー増大の法則を言い当てて妙である。

 さらに、長明さんは、「知らず、生まれ死ぬる人、何方より来りて、何方へか去る」と言い、人の命の根源を問いただす。

 鴨川の流れをじっと見つめ、人の世と栖のはかなさを歌い上げた人間への賛歌と不条理の深い洞察であろうか。


 時として、人生は不条理というが、太陽は万人を平等に照らす。人は、自然の恵みと他者の支えにより生かされている。

 吉野弘さんの詩に、

 「生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい」

 「生命は その中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ」がある。

 人は、他者より支えられて存在することに気づき、自然の恵みや他者への感謝、礼儀を忘れないで欲しい。


 今年の漢字は「災」だという。地球温暖化や自然災害の多発が理由である。

 ”災”、我々は生き延びるための叡智を持っているのだろうか。人間たちのすさまじいエゴと大国の理不尽な横暴によって、緑豊かな地球は浸食、破壊されてゆく。

 地球を食いつぶす愚かな人間たちに比し、森林の樹木たちは、害虫や病気、旱魃などで降りかかる災害を生き延びる知恵を持っているという。

 植物は脳を持たないが、樹木たちは、環境変化に対応する学習能力を持っているという。脳の働きを代行する何かを持っているのだろうか。目からうろこである。

 樹木たちは、葉や枝を隣の木の領分にまで伸ばさない。樹木たちは仲間を気遣い共存する術を持つ。

 樹木たちは、害虫や外敵に対し、芳香、有害物質を出し、土中の根は、電気信号を出して、災害を警告するという。生き延びるため、仲間を気遣うコミニュケーション手段を持つ。


 脳を持たぬ樹木たちに出来て、何故脳を持つ人間たちに出来ないのだろうか。

 人間は、地球を守る、わずか3ミリ程度のオゾン層と、緑豊かな大地に恵まれて生きている。

 地球誕生の46億年前には、太陽からの紫外線が地球上を覆っていた。 したがって、生物は紫外線の届かない海中でしか暮らせなかった。

 46億年の長い間、光合成が繰り返され酸素が増えてオゾン層が形成された。シダや苔、樹々たちの光合成で酸素が増え、生き物たちは、海中から陸へ上がったとされる。人間のDNAに刻まれる渚の記憶である。

 オゾン層の破壊や熱帯雨林の激減が止まらない。

 人口増を賄うため、森林伐採と無節操な焼き畑農業により、肥沃な大地から、養分と水分が失われ、砂漠化が進む。

 ブラジル、アマゾン川流域の世界最大の熱帯雨林では、この50年で約5分の1が消滅したと聞く。

 自然の循環再生サイクルが、人間の人口増に追いつかないのだ。

 現在の世界人口は約75億人、立花隆さんは、地球が人口を賄えるキャパシティーは50億人くらいだという。
 
 世界の人口増加は、人間を含め、動植物に対応する地球が持つ生命維持のキャパシティーをはるかに超えてしまった。

 キリマンジャロの万年雪は、地球温暖化のため、ここ100年で95%が消滅したという。 

 アフリカやアフガニスタン等々は、今から50年ほど前までは、緑豊かな大地であった。それが今では、砂漠化とテロの不毛の地と化しつつある。

 このかけがえのない環境を破壊するのも、大国の身勝手な国益と人間の際限のない欲望とエゴであろうか。地球環境の破壊は、このツケが回った自業自得ではなかろうか。

 2004年にノーベ ル平和賞を受賞したケニア、副環境大臣のワンガリ・マータイさんは、日本語の 「 もったいない 」 という言葉には、地球環境の大切さを訴える力があると言った。

 命が生き延びるため、「天然資源を大切に、ムダ使いをやめ、世界の人々と平等に分かち合っていくことを願う」という。

 我々にできることは何か。身近な小さなことでも良い。できることから始めたい。


 新しき年に向かって、生き抜くために、心の軸足と、身体の軸足をしっかりと身につけたいものだ。

 今年一年、お忙しいさ中にも、いつも本ブログを応援して頂き有難うございました。来年も宜しくお願い致します。


 今年もあと僅か、新しき年が、実り豊かな年でありますように祈ります。

 どうぞ皆様、お元気でご健闘の上、良いお年をお迎え下さい。



参考図書

 





何故かジャズ されどジャズ

 

 
  


nice!(258) 

自然の循環サイクル、ユックリズム [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 「鳥が教えてくれた空」

 三宮 麻由子さん、四歳でウイルス感染で、突然失明された方が書いた「鳥が教えてくれた空」という本があります。

 上智大学大学院博士前期課程を修了し、外資系通信社で翻訳の仕事をされている女性です。

 雀の声を聞き、空の高さを知り、夜明けの四時頃から、朝日が昇る八時頃までの時間を聞き分けるといいます。

 鳥の声から、深い癒しをもらい、「生かされていることの偉大さ」に感動するといいます。

「母なる大地が自転を繰り返すと、その動きが地上に乗っているすべての物質や生物に伝わり、光と命が鼓動する」と言います。

  この視力を失った人の研ぎ澄まされた感性に驚愕します。

 三宮 麻由子さんは、「生かされていることの偉大さ」を言う。吉野弘さんの詩の一節には、「生きていることのなつかしさ」がある。


 海のざわめき、潮の満ち引き、小川のせせらぎ、風のささやき、夜明けの黎明、日の出の耀き、地平に沈む夕陽等々、自然が奏でる、大いなる癒しのメッセージ。

 人間が、自然とともに暮らせなくなって久しい。

 学歴と競争社会を生き抜くための知識は、夜明けから日没まで、自然の暮らしから離れてしまい、人を不幸にするのかもしれない。

 人は、機械が刻む「時」ではなく、自然の息吹と鼓動が刻む「時」を忘れてしまったのかもしれない。

 太古より、人類は、夜明けから日没までの「時」の中で生きてきた。昼夜24時間、際限なく活動すことは、自然や宇宙の定めに反しているのかもしれない。

 自然に包まれ、自然が奏でる「時」と「生命」の中で生きることが、本来の生命活動ではないのか。

 機械が刻む「時」は、不可逆というエントロピーから逃れることはできない。しかし、自然のサイクルの中を流れるユックリズムには、四季の移ろいや、干支、或いは還暦等々には、再びもとに戻る循環サイクルがある。

 世界の人口増加が、地球が持つキャパシティーを超えてしまい、自然とともに暮らせない悲劇があるのだろう。

 現在の世界人口は約75億人、立花隆さんは、地球が人口を賄えるキャパシティーは50億人くらいだという。

 増大する人口に対応するための、遺伝子組み換えや農薬づけの食糧増産が大地を破壊する。

 環境破壊によるスモッグ、PM2.5などの大気汚染で、澄み切った空気が吸えない。原因は過剰なエネルギー消費である。

 1960年代、世界からヒッピーが、インドに集結した。自然に帰れ、文明への警鐘であったのかもしれない。

 人間の一生の間にする呼吸数は、6~7億回と言われています。せかせかと呼吸をすると、寿命を短くします。インドヨガの修行者は、一分間一回と言われています。瞑想と呼吸の修行により心身活性化を身に着けるといいます。

 ゆったりと呼吸をすることで、脳内のセロトニンが増え、60億個の細胞が活性化されるといいます。呼吸とは、字のごとく、吐いてから吸うことです。特に、朝一番窓を開けて、肺の中の汚れた空気を出し切ってから吸気するのが良いと言われています。

 吐いて吸う、という十分な呼吸をするためには、肺をカラにしないと、吸気の効率が60%くらいに落ちると言われています。深呼吸とは、十分に吐いて、新鮮な空気を吸うことです。


 環境破壊、異常気象を乗り越え、原点回帰、地球再生に、人類の命運がかっている。

 子供のころに歌った、夜明けの歌、夕焼けの歌を懐かしく思い出す。都会の喧騒の中から逃れて、海、山、川の自然の中で暮らすことは、エリート、学歴社会から見て、脱落者ということなのだろうか。

 知識、情報過多の社会で生き抜くことが、幸せなのだろうか。


 椰子の実

 名も知らぬ 遠き島より

 流れ寄る 椰子の実一つ

 故郷の岸を 離れて

 汝(なれ)はそも 波に幾月


 遠い日に、海辺の砂浜で、どこからともなく聞こえてきたのは、あの懐かしい唄と渚のざわめきであった。


 三木成夫氏の「胎児の世界」によれば、

 30億年も前、人類の原初の生命体は、海から陸へ上陸する前の渚で暮らした太古の生命記憶を持つという。
 

 海辺の砂浜で、潮風と波のざわめきに身をゆだねれば、遠い太古の記憶、母の胎内で聴いた子守唄、渚のざわめきが甦る。

 海洋汚染やプラスチックゴミ漂着が危機的状況である。資源枯渇も深刻である。

 今、海辺に流れ来るは、ヤシの実ではなく、大量のプラスチックゴミである。我々は今、何をしなければならないのか。

 青い波の地平からやってくる頬を過ぎ行く潮風により、人が心身共にリフレッシュされる日は、いつやってくるのであろうか。


参考図書


 

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))
胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))三木 成夫

中央公論新社 1983-01
売り上げランキング : 28457


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ







nice!(322) 

宇宙の絶対原理 [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。

 
「人生あまり難しく考えなさんな。暗かったら窓を開けろ、光がさしてくる」中村天風

 仏教は、釈尊の自己救済(自分のさとり)を極める小乗仏教と、自己救済より脱却し、広く一般の他者救済を目指す(利他行)の大乗仏教がある。大乗仏教には、禅宗、真言宗、天台宗、浄土真宗等々がある。概ね、日本で活動する宗派は、大乗の流れをくむ。

 大乗仏教では、慈悲の心を持ち、利他行、自分の幸せより、他者、隣人の幸せを願うものであるという。


 密教の大教主、大日如来は、宇宙の絶対原理の現れだという。その説法は、宇宙、神羅万象、人間等々多岐にわたり真理を極めた。

 人間は、宇宙エネルギーの中で、関わり合い、生成進化をたどり生かされている。昨日の自分は、今日の自分ではなく、明日の自分は今日の自分ではない。留まることはない。

 自己は常に、実体がなく、他者、自然と関わり合い、生成流転、移ろいゆく。ここに生物の進化、再生がある。

 釈迦は、大日如来より、悟りを開く法を伝授され、菩提樹の木の下で、人間の煩悩、生老病死の苦しみを乗り越えるため瞑想にふけり、悟りを得た。

 釈迦の開眼は、自己救済という仏法でした。この自己救済から、他者の救済(利他行)まで広めたのが、大日如来の一番弟子、釈迦から、約500年あとの竜樹(竜猛菩薩)と言われる。ここで大乗仏教の指針が確立されたと言う。

 この後、さらにインドで密教が確立したのが、400年後だという。大日如来の第八祖の空海(弘法大師)が、唐の青龍寺での修行後に、密教を日本に持ち帰り、西暦806年以降に真言密教を開祖したという。

 西暦520~527年頃、インドから中国へやってきて禅を布教したのは、インド人仏教僧、釈尊の第二十九祖菩提達磨だとされる。

 達磨大師は、中国、少林寺の洞窟内で面壁九年の座禅の修行を行ったとされる。「壁のように動ぜぬ境地で真理を観ずる禅」(Wikipediaより)という意味らしい。

 達磨大師が布教した禅は、大乗仏教の流れをくみ、日本に持ち帰った曹洞宗開祖、道元によれば、「天地同根」、「万物一体」の宇宙観である。修行により自己を忘れ、自己から脱却し、全身全霊をもって生きることであるとされる。

 この生命が耀き、躍動するとき、人間には宇宙エネルギーが注がれ、宇宙と一体となるという。

 道元は、「1225年、中国曹洞禅の、只管打坐の禅を如浄から受け継ぎ、曹洞宗禅師の天童如浄より印可を受ける。1228年 帰国 1244年、福井に大仏寺建立、1246年、永平寺に改める。」(Wikipediaより)

 禅の漢字は、しめすへんに、単である。単純明快、簡単明瞭、シンプルな宇宙観であるということであろうか。しかし、道元禅は容易ではなく、難解である。

 禅の公案に、「隻手(片手)の音を聞け」、「風は何色か」がある。片手に音はない、風に色はない、と言わずに、心眼を研ぎ澄まし、深く思索するのが禅の心の第一歩だという。

 禅宗や密教が取り入れる、座禅、瞑想はヨーガの修行の一形態に相通じる。

 中村天風は、インド、ヨーガの大聖者、カリアッッパ師に師事し、ヒマラヤの奥地ヨガの秘境の滝のそばで、3年間の難行苦行の末、不治の病、結核を自然治癒させた。自己を無にし、瞑想中に、ふと滝の轟音が消え、天の声が聞こえたという。

 天風が聞いた、天の声なき声は、自己の生命と宇宙エネルギーの生命力がつながり、自己の生命の中に、宇宙エネルギーが注がれた一瞬であるという。その後、天風は「心身統一法」の導師となり、多くの支持者(東郷平八郎、双葉山、松下幸之助、稲盛和夫、永森重信、広岡達郎等々)を得て、92歳の生涯を全うした。

 
 「バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える」

 京セラ、稲盛和夫会長の名言である。ソニー創業者、井深大氏も、複雑な技術は、まず、ものにならない。単純明快な技術がいい、という。

 中村天風は言う。「人生あまり難しく考えなさんな。暗かったら窓を開けろ、光がさしてくる」

 人間、宇宙を見据える賢者の名言であろうか。宇宙、自然の恩恵を頂き、生命の躍動と感動の中で、感謝の日々を送りたいものである。



 参考図書

 





 何故かジャズ されどジャズ





nice!(315) 
前の5件 | -