So-net無料ブログ作成

ひふみんアイ [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。



 ひふみんアイ


 藤井四段が佐藤名人破る 次は羽生竜王と対戦
 引用記事全文
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25669010U8A110C1CR8000/

 将棋の加藤九段は、対局中、将棋盤の相手側に立ち、相手の目線で、自陣の駒組を視る。

 相手が視る局面の形成判断が、自分の判断と同じなのか、違うのかを確かめるためである。

 相手には、この局面の形成がどう映るのか、相手側に立って検証しようとする戦術である。

 読み筋は、自分と相手では違うことが多い。自分がいいと思っても、相手は一枚上の読みを持っている場合がある。相手の方が形成有利と見ている。

 囲碁でも、将棋でも、指し手は、局面の流れに乗り、勢いと気合がなければならない。自分だけの判断では、独善的な”読み抜け”の場合がある。

 ひふみんアイはこれを確かめる戦術であろうか。

 藤井四段は、このひふみんアイを取り入れた。総じて、桂馬の使い方が上手い。29連勝中の何局か、佐藤名人との本局でも桂馬が躍動した。かって、駒使いの名手として、升田の角、大山の金、中原の桂と言われた。

 幕末の剣豪たちは、生涯をかけて、剣禅一致、自然体の奥義に迫った。 

 中学生で、現役の名人に勝ち、欲や雑念を超えた自然体で指す、と言えるのは、恐るべき14歳である。

 
 とまれ、人間は、生き抜くために、太陽の光や、自然の恩恵を受け、他人が作ったものを食べて生きている。自分が立っていられるのも、他者の評価、協力が必要である。

 自分の姿は、自分では見えない。鏡に映る姿は、左右逆である。自己は常に他者ににより演釈される。

 自分が成り立つために、常に他者をいつくしみ、協力、奉仕が必要であろうか。

 慈悲の心である。

 勝負は勝たねばならないが、相手をねじ伏せるのではなく、さわやかに勝ち、勝っても、”惻隠の情”を持って相手に接し、負けるときは、潔く負けたいものである。

 剣道、柔道、棋道、そして相撲道、すべて、”道”と名の付くものは全て、この礼に基づき行われる人間の修練である。

 かって、故加藤正夫囲碁名人、本因坊は、大勝負の熾烈なタイトル戦で挑戦者にはなるが、タイトル戦、八連敗を喫し、万年二位に甘んじ、大勝負を制することが出来なかった。

 何が足りなかったのか!

 見かねた、当時の石田芳夫本因坊が、少し”遊びが足りないと言い、遊びを勧めた。2年間遊びほうけたと言われる。その結果見事、棋聖戦タイトル初奪取に成功した。

 以後、名人、本因坊、十段、棋聖、王座等々のタイトルを奪取したと言う。

 勝負の自然体、物に動じない、腰の据わった人間力を求める所以であろうか。


 一方、個人を超えて、国家の場合、独善的に国益を主張すれば、軋轢、紛争が起きる。典型は、テロである。

 シリア、イスラエル、北朝鮮等々、国際間の外交交渉には、友情は存在せず、非情な駆け引きとなるが、せめて相手に歩み寄り、理を突き抜けた着地点を見出したいものである。

 ひふみんアイ、この小さな主張が、他者や、他国の主張への協力、共存に役立てる方法は無いものだろうか。

 
YOUTUBE 佐藤名人対藤井四段 

https://youtu.be/FnQadn462a8


参考図書 慈悲の心




何故かジャズ されどジャズ  マーク コープランド


nice!(301) 

新しき年を迎えて [社会]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。

 
 新しき年の春を迎え、希望と祈りをこめ、本年も幸多き年でありますように!

 皆様方のご健闘、ご発展をお祈りし、精一杯のご活躍を期待いたします。

 本年も宜しくお付き合い下さるようお願い申し上げます。


 日本国憲法は米国の「根絶政策」 日本本来の価値観に立脚して憲法改正せよ

 
中国の描く世界像は、新たな中華のルールに基づく人類運命共同体である。彼らは歴史も国境線も国際法の定義も、企業の在り方でさえ、およそ全て中国共産党が主軸となった中華民族の価値観に基づいて変えていこうとしている。その中で日本の占める位置は厳しい。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/180108/plt1801080003-n2.html

 「日本外交が危機に直面 このままでは国益守れず」 河野太郎外相 中国の影響力拡大に懸念表明
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/180108/plt1801080011-n1.html

 祖国守る自衛隊が違憲の愚かさ 国際情勢から乖離する日本の安全保障観、憲法改正が急務
 
わが国の平和は、憲法が描き出す楽観的な安全保障政策によって守られてきたのではない。わが国の平和を保障してきたのは、精強な自衛隊の存在、そして強固な日米同盟の存在があったからだ。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/180111/clm1801110009-n1.html


 空前絶後の羽生善治、井山裕太 棋界に歴史的一歩
 
棋界を代表する両雄が歴史的一歩を記した。将棋の羽生善治氏(47)は初の永世七冠を達成し、囲碁の井山裕太氏(28)は初めて2度目の全七冠独占を成し遂げた。国民栄誉賞の同時授与が決まった2人の偉業は、空前絶後といえる。

 引用記事全文 
 http://www.sankei.com/politics/news/180105/plt1801050014-n1.html



 中国や北朝鮮の世界へ向けた恐るべき画策に、相変わらず、平和ボケ、対話ボケを以って対処しようという政治家、知識人が多い。

 核、ミサイルをめぐり、米朝激突の危機を回避するための対話が模索されているという。北京での外交上の水面下の米朝密約があると聞く。

 しかし、北朝鮮は常に国際社会の常識を反故にし、体制維持のためなら、節度も礼儀もかなぐり捨てるようだ。

 国内では、沖縄、北海道、対馬等々の不動産が、中国、韓国により、虫食いのように買い占められている。チャイナタウン、コリアンタウンがはびこり、歴史を歪曲した南京虐殺、慰安婦、徴用工等々の宣伝に使われるかもしれない。

 中国福建省福州市の「名誉市民」でもある沖縄の翁長知事の辺野古反対は、深層のどこかで中国の画策とつながっているのかも知れない。


 自分の生活が安泰であれば、危害がなければ、それで良いのだろうか。

 自分たちの立ち位置が、世界とどう関わっているのかお構いないのだろうか。

 反日を標榜し、そこに軸足を置くことで、多くの協賛を得ようとする魂胆が情けない。

 櫻井よしこ氏は、「中韓両国の歴史戦に、有力メディアのNHKや朝日新聞はいまだに反日歴史観の中に埋没しているかに見える」と糾弾する。

 朝日新聞は、中国主導による反日の「東亜日報」日本支社を朝日本社内に置く。安倍政権打倒が社是だと聞く。

 自分の国を、自己否定する根幹は、日本国憲法にあるという。

 白洲次郎氏は、「われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない」と言い、米国が創作し、日本に押し付けたと言われる日本国憲法を批判する。

 ヤジロベーは、支点(軸足)より重心が低いため、揺れても自在に動く。激動の世界に対応するため、軸足がぶれることなく柔軟な対応が望まれる。

 日本人としての本文を外すことなく、国の明日を考え抜いて欲しい。戦後民主主義や反日の本性を見抜き、礼儀、礼節を大切にしたい。

 国を護る自衛隊が違憲であるという議論を糾し、彼らの名誉を復権せねばならない。

 今の日本人には、自国を否定するという恥を知り、日本人であることの名誉を重んじる生きざまが望まれる。日本古来の誇り高き精神と信義を忘れないで欲しい。

 世界の友と連携し、無私無欲の志高き若者たちが、明日の日本を背負うことを願う。

 
 前記事でご紹介した、前人未到の羽生永世七冠、井山7冠のお二人、国民栄誉賞、おめでとうございます、と申し上げます。



参考図書  憲法改正  羽生善治








何故かジャズ されどジャズ  君去りし時




nice!(260)