So-net無料ブログ作成

剣先の間合い、人生の間合い [政治 経済 ]

my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

  より閲覧願います。


 

 トランプ次期大統領の剣の腕はいかほどだったのか (産経抄)
 
剣の腕前を誇る人なら、枝の切り口を見て切り手の技量がお分かりでしょう。枝の問い掛けに気づかないようでは剣士失格ですね

 引用記事全文 
 http://www.sankei.com/column/news/161120/clm1611200003-n1.html



 人能(よ)く道を弘む。道、人を弘むに非ず。(孔子の論語、衛霊公第十五の二十九)

 剣の道に習って言えば、道を究めるのは人間である。道が人間の器量を広めるのではない、ということであろうか。

 柳生石舟斎は、京都、妙心寺にて、禅の修業を極めた。剣禅一致の極意で生み出された活人剣の剣法で無刀取りの遣い手であったという。

 柳生新陰流の開祖、柳生石舟斎宗厳の孫である柳生兵庫助は、剣禅一致の境地を究めるべく、京都妙心寺において、禅の修行に励んだ。

 晩年は妙心寺内に、禅を究める一草庵を結び禅に徹して剣禅一致の奥義に徹したという。


 台東区谷中に、山岡鉄舟を開祖とする臨済宗「全生庵」がある。安倍首相は、しばし全生庵を訪れ、座禅を組むと聞く。

 座禅とは、只ひたすら座り、自己の内奥と向き合い、自己や世界を見極めることだという。

 剣に、「剣先の間合い」がある。相手に寄らねば、相手を切れない。この間合いを詰める修行が厳しい。

 剣先の間合い、人生の間合い、相手との間合い、安倍首相が、座禅を通して見極めるものは何なのだろうか。

 安倍首相は、トランプ氏は、信頼に値する指導者であるという。TPPや地球温暖化取り組みから脱退するというトランプ氏の保護主義に、いかに切り込むのか。

 これからトランプ氏との間合いをうまくつめ、日米同盟深化に邁進して頂きたい、と願う。


 ナイス、コメント欄は閉じております。ご了解下さるようお願いいたします


参考図書

男の禅語: 「生き方の軸」はどこにあるのか (知的生きかた文庫)
男の禅語: 「生き方の軸」はどこにあるのか (知的生きかた文庫)平井 正修(全生庵住職)

三笠書房 2016-05-21
売り上げランキング : 248616


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




柳生兵庫助〈1〉 (文春文庫)(全8巻)
柳生兵庫助〈1〉 (文春文庫)津本 陽

文藝春秋 1991-11
売り上げランキング : 696209


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ

 
Blues & Ballads
Blues & BalladsBrad -Trio- Mehldau

Nonesuch 2016-06-09
売り上げランキング : 1301


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






トラックバック(0) 

日米蜜月、危機か深化か [政治 経済 ]

my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

  より閲覧願います。



岸田文雄外相、トランプ氏と安倍晋三首相の電話会談「早々に実現し、世界で4番目!」と“準備万端”を強調
引用記事全文
http://www.sankei.com/politics/news/161110/plt1611100030-n1.html


世界最大の「被害者」は日本だ! トランプ氏が日米関係をぶっ壊す
引用記事全文
http://ironna.jp/article/3204


 18世紀、イタリア貴族の栄光と没落を描いた映画「山猫」の冒頭のキャッチコピーは、「新しさとは常に変化することである」であった。

 時代が内包する変化の波を読めないものは、停滞、没落する。

 米国大統領選挙は、理念なき、ののしり合いの戦いに見えた。トランプ氏が大統領になることは、先の英国のEU離脱とともに、歴史の大転換ともいわれる。

 世界は今、トランプ氏の登場により、変革、革新に向かおうとしている。米国は、かっての栄光を取り戻すべく、過激な変革政策へ向かおうとしている。

 暴言に近いトランプ氏の発言、特に日米同盟への言及は、米国、日本の国のありようの根幹を問われるほどの鋭い切り口である。

 トランプ大統領の登場は、国際社会も「未知との遭遇」だと言い、激震が走る。
 
  政治未経験のトランプ氏の過激発言は、政治や外交が、正義のみでは動かないことで逆襲されるかもしれない。


 株式市場も、一時1000円超下げたが、一夜明けて、逆にトランプ氏への期待が膨らみ、1000円超の急反発となった。

 トランプ氏の、TPP反対、沖縄米軍の撤退等々の過激政策が通れば、日本の経済、安全保障は、厳しい現実にさらされることになるであろう。

 しかし、宇宙は絶えず変化のパワーにより進化する。変化、変革は、宇宙の理法であり、人間社会も、この法則から逃れることはできない。変革のパワーにより、世界は大きく前進するのであろ。

 変化、変革から逃れることは、停滞、退化を意味する。

 トランプ氏は、日米同盟不平等を突き、日米関係を破棄しかねない過激発言まで飛び出す。危機か深化か、今後の日本の安全保障の明日を切り開く契機になるかもしれない。

 トランプ氏勝利宣言後、安倍首相は、祝電を兼ね早速、トランプ氏と電話会談を行った。

 ところが一転、大統領は、「日米の特別な関係をさらに進化させたい」と答えたという。

 ビジネスでアメリカを訪問すると、大陸の空の高さと大きさ、人々の温かさや懐の深さにも
感動する。

 とまれ! 期待と不安が交錯する、不透明な歴史の幕開けなのか。

 アメリカ人の懐の深さは、選挙の傷、分断を乗り越え、偉大なアメリカを取り戻すであろうか。

 アメリカに栄光あれ!、である。


youtube 青山繁晴 トランプ大統領の誕生で世界はどう変わるのか?


トラックバック(0)