So-net無料ブログ作成

「自利利他円満」のルーティーン [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。

 札幌市立 山の手擁護学校 病気や障害を持つ若者たちの支援学校である。王貞治さんは、巨人入団当初より現在まで、この施設との交流を続けていると聞く。

 入団当初は、プロの厳しい洗礼を受け、不振続きだったが、熱烈な少年たちの夢を応援すべきと、この学校を訪問し、少年たちと交流するようになると、不断の努力と相まって、何故か打撃開眼となったと言う。

山の手擁護学校 ホームページ
http://www.yamanote-ejh.sapporo-c.ed.jp/about.html
 
  
 福沢諭吉の名言に、「世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して恩に着せないこと」がある。

 人は、貢献と奉仕の遺伝子を持って生まれてくる。まさに、無償の奉仕精神が人生を切り開く、と言うことであろうか。

 貢献と奉仕により、自己の存在と生命力が輝く。他者との信頼のつながりが出来る。生きる勇気が漲って来る。

 例えば、野球に、キャッチボールがある。キャッチボールの基本は、相手にエラーをさせぬように、いい球を投げることだ。

 すると、相手からもいい球が返ってくる。

 ここに、相手を思いやる気持ちと信頼が生まれる。自分が相手により救われている、と気付かされる。

 仏教では、相手のためにする行いを「布施」と言う。相手のための行いは「利他行」と言われる。
   
 「利他行」は、「自利利他円満」の行と言われ、結局、自分が救われ、多くのことに気付かされる。

 王さんの場合も、少年たちを励ますことによって、不振だったホームラン、打率ともに向上し、自身のスランプから脱出し、救われたと言う。

 まさに、「自利利他円満」のルーティーンではなかろうか。


 福沢諭吉の7箇条の心訓 (Wikipedia引用)


 世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です

 世の中で一番みじめな事は、人間として教養のない事です

 世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です

 世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です

 世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です

 世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です

 世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。

 

 ナイス、コメント欄は閉じております。御了解下さるようお願い致します。



参考図書

福沢諭吉「強い日本人」をつくる言葉――名著『福翁百話』から (知的生きかた文庫)
福沢諭吉「強い日本人」をつくる言葉――名著『福翁百話』から (知的生きかた文庫)福沢 諭吉 岩松 研吉郎

三笠書房 2011-05-21
売り上げランキング : 874701


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 


荒城の月~ライブ・イン東京
荒城の月~ライブ・イン東京マリアン・マクパートランド

アブソードミュージックジャパン 2003-12-02
売り上げランキング : 615592


Amazonで詳しく見る
by G-Tools









トラックバック(0) 

起慈悲心 こだわりを捨てる [社会]



my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 他者を変えることは出来ないが、自分を変えることは出来る。 アルフレッド・アドラーの言葉だ。

 起慈悲心とは、小林信源 光薫寺住職は、 「自己の執着心を捨て、自分以外のものを悲しみ、哀れむ心」だと言う。

 かって、マザーテレサは、たった一人でインドへやってきて、生涯をかけて世界を変えた。己を捨てた慈悲心が世界を変えた。

 こだわりを捨てるとは、自由自在にものを見ると言うことに他ならない。「観自在」と言う。


 観自在の観は、物事を心の目で観て、その奥にある真の意味を考える、観は事の本質を心眼で洞察すると言うことだという。

 かって、剣の達人たちは、「止心」を身につけるべく、厳しい修練に励み、「剣禅一致」の自然体を身に付けた。

 世の中をオールマイティーに照らす観音さまは、観自在菩薩、或いは、観世音菩薩と言います。

 観音菩薩は「大慈大悲を本誓とする救世観世音菩薩」を言います。(Wikipedia より)
  
 八幡大師大日寺、大栗道榮住職は、「心の目が開いていなければ、何を見ても、何を聞いても、何を食っても、何も観えない。これを上の空」だと言う。

 「歳月不待」

 貴重な人生だ。「我事におゐて後悔をせず」、宮本武蔵は、自由自在の境地に達し、60回以上の決闘でも不敗の生涯を生き抜いた。

 武蔵が、勝ち続けることが出来たのは、「持って生まれたその道の才能の器用さ」だと言う。 生来の器用さと不断の鍛錬の賜物であったのだ。

 人生を「上の空」にしないよう、先人たちに、学ぶべきことは多い。


 ナイス、コメント欄は閉じております。御了解下さるようお願い致します。



参考図書


願いがかなう般若心経-262文字の生活指導書 (講談社+α新書)
願いがかなう般若心経-262文字の生活指導書 (講談社+α新書)大栗 道榮

講談社 2002-11-20
売り上げランキング : 716988


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「こだわり」を捨てる―仏教が教えるウツ脱却の秘法 (知恵の森文庫)
「こだわり」を捨てる―仏教が教えるウツ脱却の秘法 (知恵の森文庫)小林 信源

光文社 2002-09
売り上げランキング : 370221


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「五輪の書」がよ~くわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)
「五輪の書」がよ~くわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)廣川 州伸

秀和システム 2007-04-27
売り上げランキング : 1020926


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉小倉 広

ダイヤモンド社 2014-02-28
売り上げランキング : 1514


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 


ジャパネスク~日本の詩情
ジャパネスク~日本の詩情ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

M&I Company,LTD.(PC)(M) 2009-05-19
売り上げランキング : 77858


Amazonで詳しく見る
by G-Tools









トラックバック(0)