So-net無料ブログ作成

憲法学者と教科書への疑問 [社会]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 憲法学者と教科書-共産党の長期戦略は背筋が凍るほど怖ろしい… 八木秀次(麗澤大教授)

 
早稲田の法学部には学生自治会があり、その執行部は日本共産党の青年組織、日本民主青年同盟(民青)が支配していた。授業の合間の休憩時間には自治会の幹部、すなわち民青の活動家たちがアジ演説をしているのが日常の光景だった。大学院に入って驚いたというのは、教室に入ってみると、つい最近までアジ演説をしていたか、数年前まで自治会の幹部だった連中がずらりとそこに座っていたことだった。彼らは大学院生になっていたのだ。



 
今回の採択結果で憂慮すべきことがある。今回、歴史教科書では新規参入があった。学び舎の教科書だ。この教科書は日本共産党の関係団体、歴史教育者協議会のメンバーである現役やOBの教員が執筆している。唯一、慰安婦の記述をしたことでも知られる。



 
その学び舎の歴史教科書がなんと、筑波大付属駒場中、東京学芸大付属世田谷中、東大付属中等教育学校、東京学芸大付属国際中等教育学校、奈良教育大付属中という国立の中学5校で、私立も麻布中、慶應義塾普通部、灘中など30以上の中学で採択されている。問題はここに名前を挙げた学校がエリート養成校であることだ。他にも進学校が多い。この教科書で学んだ生徒がやがて官僚や政治家、学者、法曹などになっていく。それを思うと背筋が寒くなる。


 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/151016/plt1510160046-n4.html



 日本共産党は、世界の安全保障環境が激変する中でも、日本共産党の党名を未だ変えることは無い。

 日本共産党は、現在、野党再編を視野に、表向きの受けを狙い、民主連合政府樹立を標榜するが、党が隠し持つ闇の裏テーゼ、革命思想は、日本の裏舞台で、深く静かに、巧妙に浸透して行く。


 学び舎の歴史教科書が、日本のエリート養成校に採択されていること。八木秀次教授は、共産党の長期戦略とともに、「それを思うと背筋が寒くなる」と言う。


 「共産党の長期戦略」は、民主党などのやわな売国政策とは違い、戦前の党結成以来の筋金入りなのであろう。


 先の安保法案反対闘争は、戦争法案と決めつけた日本共産党が水面下で野党を主導したと言われる。

 「共産党の長期戦略は背筋が凍るほど怖ろしい」、八木秀次教授の指摘は、殆んどのマスコミが取り上げない。

 かって、毛沢東は、「少数意見の中にも真理がある」と言った。真理を見極めるためには、対極意見をも論破する偏向なき眼力と見識を磨かねばならない。



 ナイス、コメント欄は閉じております。御了解下さるようお願い致します。




参考図書

日本を嵌める人々 わが国の再生を阻む虚偽の言説を撃つ
日本を嵌める人々 わが国の再生を阻む虚偽の言説を撃つ渡部 昇一 潮 匡人 八木 秀次

PHP研究所 2013-09-12
売り上げランキング : 358639


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




倉山満の憲法九条 ― 政府も学者もぶった斬り!
倉山満の憲法九条 ― 政府も学者もぶった斬り!倉山 満

ハート出版 2015-09-17
売り上げランキング : 495


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



帝国憲法物語
帝国憲法物語倉山 満

PHP研究所 2015-05-02
売り上げランキング : 52434


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 

シェリフ
シェリフザ・モダン・ジャズ・カルテット

ワーナーミュージック・ジャパン 2012-05-22
売り上げランキング : 34080


Amazonで詳しく見る
by G-Tools











トラックバック(0) 

平常心 [社会]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。











 スワヒリ語で「白く輝く山」を意味する、キリマンジャロの雪が、あと20年で消滅する危機にあると聞く。

地球温暖化のツケは、異常気象による砂漠化、海面上昇と、わが地球を確実に侵食していく。

 人間たちの身勝手で、際限のない欲望が引き起こす、地球規模の汚染と異常気象が原因だと言う。

 


 詩人、白楽天(白居易)が、禅僧、道林を訪ね、「仏教の教えの根本は」、と尋ねた。


 道林は、「悪いことをしない、善いことをする」と答えた。(原典、七仏通誡偈、「諸悪作すことなかれ、衆善奉行せよ」)

 白楽天は、「そんなことは、3歳の子供でも知っている」と呟いた。

 すかさず、道林の言葉が返った。「3歳の子供でもわかるだろうが、それを行うことは、80歳の老人でさえ難しい」


 白楽天は、はっと、道林の意を悟り、北京、胡同に、広化寺を建立し、道林の仏教を極めたと言う。

 現在、広化寺には、北京市仏教協会が置かれている。文化大革命時代、仏教への弾圧や宗教施設の破壊等々を免れ、貴重な文化遺産として残ったのは幸いであった。


 
鳥窠道林(ちょうか どうりん、741年 - 824年)は、中国・唐代の禅僧である。杭州富陽県(浙江省富陽市)の出身。円修禅師と諡された。白居易との交流で知られる。(Wikipedia引用)



 当たり前のことを、当たり前に実践することは、そう簡単ではない。自らを律する心構えが必要だ。知っていても、実践できなければ、道を誤る。

 
 曹洞宗開祖、道元も、「わかる」ことと、「できる」ことは全く違うと諭す。


 お寺の法話でよく見かける言葉がある。


 『腹をたてるより許す方がよい。

 憎むより愛する方がよい。

 不平をいうより感謝する方がよい。

 愚痴をいうより喜ぶ方がよい。

 力むより任せる方がよい。

 威張っているより謙虚な方がよい。

 嘘をつくより正直な方がよい。

 喧嘩するより仲よくする方がよい。』


 この言葉は、道林の教えにも通じると言う。当たり前のことを、当たり前に出来る平常心を持ちたいものである。

 かって、剣の達人たちは、「剣禅一致」を目指し、厳しい修行の末、活人剣の精神を悟り、平常心、自然体を極めた。

 三歳の子供が持つものは、自然体である。そこに秘められたものが、心身ともに、純粋無垢の心を持つ平常心であるのかもしれない。


 ナイス、コメント欄は閉じております。御了解下さるようお願い致します。



参考図書

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)
勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)アーネスト ヘミングウェイ 高見 浩

新潮社 1996-06-28
売り上げランキング : 22930


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




キリマンジャロの雪が消えていく―アフリカ環境報告 (岩波新書)
キリマンジャロの雪が消えていく―アフリカ環境報告 (岩波新書)石 弘之

岩波書店 2009-09-18
売り上げランキング : 263106


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫)
よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫)藤沢 周平

文藝春秋 2003-12
売り上げランキング : 31512


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)
よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)藤沢 周平

文藝春秋 2003-12
売り上げランキング : 39698


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





何故かジャズ されどジャズ 

ホワット・イフ?
ホワット・イフ?ケニー・バロン

SOLID/ENJA 2014-04-22
売り上げランキング : 145650


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








トラックバック(0)