So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ
前の2件 | -

9条めぐる神学論争 [政治 経済 ]


 my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 成立「安保法制」 9条めぐる神学論争に終止符を 駒沢大学名誉教授・西修
 
第9条の成立経緯を検証すると、最大のポイントは、いわゆる芦田修正にある。芦田修正とは、よく知られているように、第2項冒頭に「前項の目的を達するため」が挿入されたことを指す。この字句が入ったことによって、第1項で自衛のためならば、「戦争と、武力による威嚇又は武力の行使」が可能となることがいっそう明白になり、また第2項で自衛戦力(軍隊)を保持しうるという解釈ができるようになった。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/150925/plt1509250008-n1.html

 現実味ない「巻き込まれ論」 古森義久
 ワインロッド氏は「ジャパン・ソサエティー」研究員として日本に約半年滞在し、日米防衛問題を研究した。その経験を踏まえた感じでさらに語った。

 「もし米国が軍事的支援を要請しても、今回の日本の安保関連法では日本の安保利害を左右する、あるいは存立にかかわる事例でなければ、日本はなにもできない。さらには拒むことができる。実際に米国のその種の要請を同盟国が断ることは頻繁にあります」

 
同氏はそして「もし日本がいつまでも集団的自衛権の行使容認を拒むならば、日米同盟の基盤はやがて確実に深刻な侵食の危険に直面することになったでしょう」と強調した。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/150927/clm1509270012-n1.html

 「民主主義を殺した」のは、安保反対派のみなさん、あなたたちですよ
 
意味のない政治パフォーマンスで採決をいたずらに引き伸ばした野党のみなさん。国会前で罵詈雑言を叫び、あたかも自分たちの行動が「正義」であるかのように主張したデモ参加者のみなさん。そして、こうした反対派の声だけをことさら強調し、取り上げ続けた左派メディアのみなさん。「民主主義は死んだ」のではなく、「民主主義を殺した」のは、実はあなたたちなんじゃないですか?

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/150926/clm1509260008-n1.html


 沖縄基地問題 崖っぷちに立つ翁長知事の「辺野古反対」 篠原章氏
 
翁長知事は、いったい誰のため、何のために闘っているのか。決意だけあって展望のない闘いはいつまで続くのか。進むも地獄、戻るも地獄。就任から1年もたたない翁長知事だが、早くも崖っぷちに立たされている。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/150927/plt1509270001-n1.html


 戦争に巻き込まれる、徴兵制につながる、等々の根拠なきデマゴーグが、独り歩きしている。

 沖縄、翁長知事の「辺野古反対」は、「日米同盟の必要性は十分理解している」と言いながら、辺野古埋め立て承認は、瑕疵があるから取り返しだと言う。不毛の論理に自ら紛れ込み、自らの論理に瑕疵があることに気付いていないらしい。


 来年の参院選挙に向けて、共産党が呼びかける共闘に、民主、岡田代表が前のめりだと言う。

 党是も政策展望も信念も、そっちのけで、明日の日本をどう担って行くのだろうか。

 野党、マスコミなどが、戦争法案と決めつけるのは、今回の安保法制で、PKO海外派遣の自衛隊が、武器使用が可能になったということなのであろう。

 しかし、従来の法整備では、国連軍の救援や、邦人球出の際の武器使用が出来なかった。

 国連軍は、自衛隊の救護に駆けつけるが、自衛隊は国連軍の救護要請には対応できなかった。

 「一体、おまえの国はどうなっているのか」と言われ、多くの自衛官が、無念の思いをしてきたという。
 
 今回の安保法制では、駆けつけ警護、共同防衛が可能となった。十二分の訓練を受けた自衛隊は、これで戦争に巻き込まれるリスクが軽減されることになると言う。

 PKOの自衛隊は、国連軍の指揮下にある。国連軍と自衛隊は、日本の憲法に照合し、出来ること、出来ないことを十分確認し合えるようになった。

 海外派遣のNGOの邦人たち、PKO自衛官達が、誇りを持って、日本国を背負って十二分に活動できるようになった。

 彼らの献身的な任務遂行の御蔭で、日本の国が、テロや戦争に巻き込まれるリスクは格段に低くなったと言う。

 安保法制は、必ずしも国民の理解が十分得られていないと言うが、これからまさに丁寧な説明によって、抑止力向上と国際常識上、普通の国になったという認識が浸透する事を願う。


 世界の安全保障環境が、激変する中、一国のみで自国を防衛することは難しい。色あせた一国平和主義から脱却し、積極的に世界と関わりあわねばならない。

 今、世界は、内戦、テロ、貧困、格差、気候変動等々、地球と人間の共存を脅かす試練の時に直面している。

 積極的平和主義を掲げた日本は、「戦争に巻き込まれる」ではなく、「戦争をしない」国を目指し、世界の平和と安全の実現のために尽くす責務を負う。

 国連70年に向けて、国連が掲げる、「誰も置き去りにしない」、という重いテーマに取り組むべく、日本は、
憲法9条を超えて、積極的に、世界の友と、共存、共栄する使命を果たすよう願う。


 ナイス、コメント欄は閉じております。御了解下さるようお願い致します。




参考図書

日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで (文春新書)
日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで (文春新書)岡崎 久彦 坂本 多加雄 北岡 伸一

文藝春秋 2015-09-18
売り上げランキング : 5172


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ 

国境の南・太陽の西 (紙ジャケット使用)
国境の南・太陽の西 (紙ジャケット使用)クロード・ウィリアムソン・トリオ

ヴィーナス・レコード 2002-05-22
売り上げランキング : 543021


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





 





トラックバック(0) 

強行採決、どちらが負け犬なのか [政治 経済 ]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 負け犬の遠ぼえ

 民主党は今回の安保法制につき、「強行採決に断固反対!」と強く訴えた。

 「しかし、その民主党政権時代の3年3カ月で少なくとも24回もの「強行採決(委員会)」を行っているのだ。これは、安倍政権(第2次・第3次)の11回よりも多い」

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/150924/plt1509240011-n1.html

 野口健氏は、民主党政権時の24回もの強行採決を棚に上げて、「強行採決に断固反対」と言うのは、「負け犬の遠ぼえに聞こえなくもない」、と言う。

 岡田党首は、安保法制対案も出せず、違憲論、徴兵制にしがみつき、本質を」目くらます反対論に終始した。

 リーダーとして、日本、そして世界の明日に対処する裁量は無いようだ。昼飯を割り勘で食べる狭小さは、前楽天、野村監督が言う、「男のケチは人格が疑われる」そのものではなかろうか。



 民主党は鵺なのか? 「抑止力強化」立証の時を待て 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/150922/clm1509220001-n1.html


 国家の存立縛る憲法学への疑問 京都大学名誉教授・佐伯啓思
憲法が人々の生命、財産を守る国家の安全保障と矛盾するようでは、基本的人権を保障する憲法の基本的な意義にも抵触するであろう。憲法学者にアンケートをとるならば日米安保体制の合憲性、個別的自衛権の合憲性、そしてさらにはこの憲法下での日本の防衛のありかた、について聞きたい。憲法を論じるのなら、憲法(根本的法秩序や司法)を機能させる国の安全保障をどうするかを同時に論じなければならないからだ

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/150917/clm1509170001-n1.html


 成立「安保法制」 安保の歪み正した首相の指導力 杏林大学名誉教授・田久保忠衛
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/150921/plt1509210004-n1.html



 今回の安保法制が、十分に国民の理解を得られていないと言はれる中で、内閣支持率も自民党支持率も落ち込まず、逆に野党支持率が横ばい。

 戦争法案、違憲などの民主党、共産党は、安保反対デモを主導しながら、支持率横ばいで回復には至っていないという。
 

 日本を守り、抑止力を高めるための法案を、党員を狩りだし、戦争法案などと宣伝するデモを巧妙に主導する野党の水面下の策略が見え見えだからであろうか。

 日本の安全の根幹にかかわる安保法制反対のデモで、日本国旗は見当たらず、安倍よ死ね! 安倍をたたっ切る!など、やくざの抗争まがい、およそ節操無き反日デモであった。 

 国民の安保法制への批判をよいことに、対案も出せずに、自民党案阻止と、反対のための反対に終始する不毛の政策では、問題の本質を解決することは難しい。

 負け犬の遠吠えが、日本を守り、抑止力向上につながるとは、誰も思はない。 野党やマスコミの偏向工作を見抜く、良識、見識を持ちたい。




 ナイス、コメント欄は閉じております。御了解下さるようお願い致します。


参考図書

高校生にも読んでほしい安全保障の授業
高校生にも読んでほしい安全保障の授業佐藤 正久

ワニブックス 2015-08-05
売り上げランキング : 3510


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



民主党の正体−矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック)
民主党の正体−矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック)西村幸祐

オークラ出版 2009-08-31
売り上げランキング : 34899


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ 

ソウル・アイズ
ソウル・アイズアート・ファーマー

SOLID/ENJA 2014-10-14
売り上げランキング : 85241


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







トラックバック(0) 
前の2件 | -
-|2015年09月 |2015年10月 ブログトップ