So-net無料ブログ作成

自然体の極意 [社会]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 羽生棋聖、史上初の永世七冠  
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/main/topics/main-35166-t.html


「厳しさ乗り越え成長」 大納会に囲碁七冠の井山裕太さん  
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/life/news/171229/lif1712290023-n1.html


 株この1年、アベノミクス継続に安心感、北朝鮮の挑発続くも 波乱消え、上昇気流に乗る
  引用記事全文
 http://www.sankei.com/economy/news/171229/ecn1712290014-n1.html


 世界はきな臭い。イスラムテロ、北のミサイル、核開発等々にもかかわらず、世界的好景気の中、

 バブル経済崩壊後、日本の株価は終値最高値、22,937円を更新した。25年ぶり、新記録だと言う。


 こちらも新記録、将棋の羽生永世七冠、囲碁の井山雄太七冠は、前任未踏の大偉業を成し遂げた。恐るべき天才たちである。

 勝負であるからには、勝たねば結果は出ないが、ただ強いだけでは勝てない。

 勝負を制するためには、強い人間力、意思の力が必要なのであろう。

 勝負の女神がほほ笑むのは、欲を乗り越えた自然体の人間力が必要であろう。


 井山七冠は、勝負は孤独との付き合い、自分一人で道を切り開く、強靭な精神力が必要だという。

 勝負には、いろいろな綾がある。一局の勝負の中に、流れとリズムがある。これらを俊敏にとらえないと、勝ち筋は見えてこない。

 流れには、勝勢と劣勢のリズムがあり、劣勢な時でも、流れに乗って耐え抜く力が必要だ。

 双方の力が拮抗していれば、相手をねじ伏せて勝ことはできない。ここが辛抱のしどころで、自分に負けぬよう耐えねばならない。

 勝負の大勢は、ほとんど相手の自滅で決まるようだ。運を呼び込む、支配する人間力を身につけねばならない。

 ここに自然体の極意があろうか。かっての剣聖、剣豪たちが、剣禅一致の精神で、生涯をかけて研鑽に努めたのが、自然体、無心の境地なのだ。

 井山七冠は、勝負の決め手が見えない時、相手に手を渡す極意があるという。


 ポーカーの神様、チャーリーディックスの法則に、選択しないという必勝法がある。相手にコールをかけさせ、自分は何も選択しないという必勝法である。全財産をかけるような乾坤一擲の大勝負では、先にコールする方が、震える、誤まる、ビビる確率が高いという。

 こうした境地には、並みの人間はなれない。長い熾烈な戦いの末に、自然と身につくものなのだろう。

 羽生永世七冠は、「井山裕太にしか打てない閃きと煌めきの一手がある」という。


 人間の心は弱い。迷いと揺らぎの果てに、欲を乗り越えた、清冽で強靭な境地に到達するのであろう。

 お二人には、勝利の女神がほほ笑む人間力がある。

 相手の気合に呑み込まれぬ強靭さと、気合をかわす間合いを身に着けている。我々凡人が近寄れない磨き抜かれた精神力であろうか。


 社会や宇宙には原理、原則がある。数式の=(イコール)で結ぶものは平衡、均衡、つまりバランス感覚なのだ。

 数式の左右どちらかが偏向、欠落していれば、数式が成立しないのは自明の理だ。自然体はこの心のバランス感覚なのであろうか。
 

 
 新しき年に向かって、生き抜くために、心の軸足と、身体の軸足をしっかりと身につけたいものだ。

 今年一年、お忙しいさ中にも、いつも本ブログを応援して頂き有難うございました。来年も宜しくお願い致します。

 どうぞ皆様、お元気でご健闘の上、良いお年をお迎え下さい。



 
参考図書

勝ちきる頭脳
勝ちきる頭脳井山 裕太

幻冬舎 2017-02-22
売り上げランキング : 2678


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ


祈り~春の海
祈り~春の海ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

ポニーキャニオン 2012-10-16
売り上げランキング : 276518


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





 


nice!(263) 

nice! 263