So-net無料ブログ作成

帰らざる河 [国際]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。

 北の「刈り上げ」は21世紀最悪の独裁者、まさに人類の敵…その存在の〝恐怖〟を欧州も再認識すべきやろ
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/170928/clm1709280004-n1.html


 米朝軍事衝突の危機…生存の自意識に目覚めよ、日本 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫
 
米朝が軍事衝突を起こせば、極東アジアの地政学的秩序がいかなる形で覆るか。日本の生存は一体可能なのか。それでも「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と言い続けられるか。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280011-n4.html


 かって、西部劇に「帰らざる河」があった。

 北朝鮮問題が、きな臭い状況の中、"River of noreturn"をふと思い出したが、ストーリーではなく、タイトルから、あのエントロピーの法則がよぎったのだ。

 熱力学の第2法則は、不可逆性である。形あるものは崩壊する、というあの恐ろしい法則である。

 90℃と15℃の水は、混合すれば、自然に温度が下がり、15℃まで冷めてくる。

 熱は高い方から低い方へ移行する。

 逆のことは起こらない。15℃から90℃にするためには、何らかの熱エネルギー(電気或いはガス加熱)が必要になる。

 自然に90℃になることはない。これが不可逆性である。永久機関、運動が成立しない理屈である。


「行く川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し」方丈記である。

 満天に輝く満月は、やがて欠けて新月になり、真っ暗で見えなくなる。しかしこの月の輝きは、循環する。

 太陽、月、地球が相関し、循環、再生する。自然、宇宙の法則は美しい。


 世界は、北のロケットマンは、崩壊に向かうとみている。だが、アメリカ、トランプ大統領は

何処へ向かおうとしているのだろうか。

 不可逆性を以って、核へ突っ走り、挑発を続ける北の明日の姿は、混迷、崩壊から戻ることはないのであろうか。

 北朝鮮、この国は、核、麻薬、ニセ札、ニセたばこ、等々を、やくざまがいのビジネスとして、生業とする。イランへ核を持ち込んだのは北朝鮮である。

 拉致、テロ、暗殺、粛清(1000人以上の反体制人物を処刑、公開銃殺にした)を日常茶飯事とする。

 アメリカは、軍事衝突も有り得るという。中国、ロシアは対話による解決というが、裏には自国の国益が見え見えである。スイスは対話の仲介役を買って出るという。

 韓国、日本への甚大なる被害無きよう、軍事衝突だけは避けたい。

 「水は方円の器に随う」という。孔子『韓非子』

 水も高い方から低い方へ流れる。自然の定めである。

 水はしなやかで、強靭なる性質を持つ。米朝双方にとって、明日への生き残りをかけた方策を見出せないものだろうか。

 この反人道国家(金王朝)が存続することは、国際社会が許さないであろう。北の善良なる国民のために、早急なお最善なる解決策は無いものだろうか。


youtube







参考図書  マックスウエルの悪魔




何故かジャズ されどジャズ  ビルエバンス


 
nice!(305) 

nice! 305