So-net無料ブログ作成

陳腐なり、進化、成長なき反日軍団 [政治 経済 ]

my challenger's log Ⅱ 2冊目


 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

  より閲覧願います。


 安倍晋三首相「民共は無責任勢力、絶対に負けない」 自民党全国幹事長会議で挨拶  

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170304/plt1703040028-n1.html

 民進党が旧民主党時代から投げ続けてやまない「ブーメラン現象」の研究   
相手は「悪」「邪」だが、自分たちは「正義」「善」だという根拠のない決め付けがあるように思える。正義はわれにあるのだから、何を言っても許されるとばかりに相手のすべてを否定しようとするから、自分自身の過去の言動と矛盾してしまうのではないか。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170302/plt1703020001-n1.html


 非生産的なあり方、足の引っ張り…負けパターンに固執する民進党
 
NHKの11、12両日の世論調査では、民進党の政党支持率は6・4%と消費税率より低く、38・2%の自民党の約6分の1にとどまる。自分たちの主張や政治手法が、民意をすくえていないことをもっと自覚し、反省すべきである。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/premium/news/170216/prm1702160005-n1.html


 民進党代表、蓮舫氏が質問に立たないワケとは
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170301/plt1703010028-n1.html


 森友学園問題でも民進党ブーメラン 大西健介議員の追及が…
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170227/plt1702270019-n1.html


 「原発ゼロ」蓮舫氏降参 運動方針案に明記せず民進党大会表明見送りへ
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170228/plt1702280025-n1.html

 原発ゼロ目標前倒しめぐりボロボロの民進・蓮舫執行部を、自民が「相変わらず学ばない政党だ」と冷笑している
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/life/news/170228/lif1702280002-n1.html


 10日閣議先延ばしも 自公幹事長が十分な議論を確認 民進幹部は「廃案に追い込む」
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170301/plt1703010025-n1.html


 「民進・長妻昭氏が国会論戦の追及テーマ募集 しかし、寄せられたのは「二重国籍」「ガソリーヌ」「ラブホ連れ込み疑惑」…」

 追及テーマ募集、などという人任せ、陳腐、幼稚なことをするものだから、有権者からは、ふらつく立ち位置を見透かされ、自らの汚点追及の羽目になった。

 民進党が、有権者から寄せられる期待は、この程度しかないことを認識すべだ。それが何故なのかを反省すべきであろうか。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/170302/plt1703020012-n1.html



 マレーシアでの金正男暗殺事件は、北朝鮮の国家ぐるみ犯罪と断定された。水面下に隠された謎多き凶悪なテロ事件である

 北朝鮮は、大量の化学兵器を製造、隠し持ちながら、我々は、化学兵器など製造したことも、保有したこともない、としらを切る。

 VXガスなどの化学兵器を、核ミサイルに搭載し、発射した場合、迎撃ミサイルなどで撃ち落とすことはできない。大量のVXガスが拡散してしまうからだ、と聞く。

 イスラム国のテロの脅威どころではない。長距離ミサイルがアメリカを射程距離に収めようとしている。いずれ全世界が北のミサイル射程下に入るかもしれない。

 化学兵器、核ミサイル等々を使用する、北のテロ行為は、全世界の脅威となりうるかもしれない。

 民進党の幼稚な面々は、国会審議では、テロのテの字も出ない。鬼の首を取ったような質問をして、自ら過去のブーメランの洗礼を浴びている。

 自らの軸足を、日本から外し、反日、売国の立ち位置を変えようとしない、頭の悪い集団である。

 問題の水面下で見えていない重要核心部分を掘り下げるような思考方法は、まったくできない。

 問題の核心は、常に見えないことが多い。見えないものを見るためには、想像力と心眼の鍛錬が必要なのだ。日々の厳しい精進が必要だ。

 民進党には、政権の足を、妬みで引っ張ろうとするゲスな輩が多い。勉強も反省もしないものだから、人間としての教養や力量がつかず、いつまで経っても中身が空っぽなのだ。

 国会論戦では、

「政府側が「その政策判断は民主党政権時代のものだ」と指摘すると、堂々と「(今は)民進党だ」と反論する議員も見受けるほどだ」と言う。

 こんな素っ頓狂な議論しかできない民進党では、的確な民意をくみ取ることはできず、敗退、自滅の道しかないのであろうか。

 まさに、「非生産的なあり方、足の引っ張り…負けパターンに固執する民進党」、言い得て妙である。

 改めて、現実に立ち帰って、民進党には、明日の日本を、世界を動かす国会論戦、提案を切に望む。

 盲目のピアニスト、辻井伸行さんは、楽譜を視ることができないから、心眼で音を聴いてゆく。

 そのため、作曲者の音の原風景を心で読み解く。作曲者の音に込められた意図を深く読み解いてゆく。
 
 辻井さんのピアノが、表現力豊かなのは、この不断の努力の賜物なのであろう。表現される音は、鍵盤に向かう度の、一回限りの勝負なのだ。彼のピアノは常に進化、成長する。

 問題の解決や、核心を探る多くの人々に肝に銘じて欲しいものである。



youtube 動画再生 辻井伸行 ラ・カンパネラ
 




 ナイス、コメント欄は閉じております。ご了解下さるようお願いいたします.。


参考図書

北朝鮮・絶対秘密文書: 体制を脅かす「悪党」たち (新潮新書)
北朝鮮・絶対秘密文書: 体制を脅かす「悪党」たち (新潮新書)米村 耕一

新潮社 2015-02-16
売り上げランキング : 191414


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)
朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)萩原 遼

文藝春秋 1997-06
売り上げランキング : 40661


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



野党共闘(泣)。 - 学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来 - (ワニブックスPLUS新書)
野党共闘(泣)。 - 学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来 - (ワニブックスPLUS新書)安積 明子

ワニブックス 2016-11-09
売り上げランキング : 143666


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 

モンクス・ミュージック+2
モンクス・ミュージック+2セロニアス・モンク

ユニバーサル ミュージック 2016-09-27
売り上げランキング : 3096


Amazonで詳しく見る
by G-Tools










トラックバック(0) 

トラックバック 0