So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

大勝負を制するものは! [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 藤井聡太5段が、佐藤天彦名人、羽生竜王を破り、全棋士参加の朝日杯将棋オープン戦で優勝、中学生、15歳6カ月で優勝という前代未聞、歴史的快挙を成し遂げ、6段昇進を果たした。


 棋力以上に、徳のある人間の総合力がモノを言う勝負の世界、大舞台を制した原動力は何だったのだろうか。

 囲碁でも、将棋でも、最近の若い世代は特に、AIソフト、コンピューターと対戦、勉強する。

 人間が指す場合は、棋理に反した手は打たないが、コンピューターは最善手を計算し、棋理に関係なく打つ。機械が打つ冷徹さであろうか。



 とまれ、仏教では、何も持たぬ者でも、無財の七施という徳を積むことが出来ます。



 1.眼施(がんせ)   優しいまなざし

 2.和顔施(わがんせ) 笑顔をたやさない

 3.言辞施(げんじせ) あたたかい言葉をかける

 4.身施(しんせ)   自身の身体で奉仕をする

 5.心施(しんせ)   おもいやりの心

 6.床座施(しょうざせ)自分の席をゆずる

 7.房舎施(ぼうしゃせ)自分の家を一宿一飯の宿に貸す

 無私の心で、他者に尽くす、見返りや、恩に着せることはしない。

 徳を積んだ人間には、心豊かで優雅な人格が漂います。周りに人が集まり、支えてくれます。

 孔子は「徳は弧ならず、必ず隣りあり」と言った。

 人徳でしょうか。感謝の日々が送れます。


 『花の香りは風に逆らっては進んで行かない。栴檀もタガラの花も、ジャスミンもみなそうである。
しかし徳のある人々の香りは、風に逆らっても進んで行く。徳のある人はすべての方向に薫る』
(ブッダの真理のことば、感興のことば、より抜粋)

 『美しい花より よい香りを持つ花がいい。美しい人より よい性質の人がいい』
(坂村真民 花と人)

 「美しい所作とは、感謝を知り、伝えるものである」、と言うのは、枡野俊明 曹洞宗徳雄山健功寺住職である。

 さらに、「ゆっくり動く、間を取る」、「ゆっくりした動きと美しさは関連している」とも言う。

 これは、勝負の世界で要求される、自然体、平常心に相通じるものであろうか。
  
 

 1982年、第40期 加藤一二三対中原名人戦は、7番勝負を越えて、持将棋、千日手を挟んで、第10局までもつれ込んだ。

 最終局も、中原圧倒的有利の局面を、加藤が粘りに粘り、中原の疑問手を誘い、熾烈な秒読みの中で、最後の1秒で、加藤が勝った。加藤はこれを、指運と言った。42歳の名人誕生である。

 彼はクリスチャンである。この指運を、「神様からのお恵みだ」と言った。最後に、勝利の女神がほほ笑むのは何によるものなのだろうか。

 日々、人知れず、ひたむきに将棋と向き合い、徳を積む者に、幸運の女神がほほ笑むのだろうか。

 他者や自然に支えられ、敬い、感謝すれば、自分が立つ場所を与えられる。

 論語季氏には、「礼を学ばずんば、以って立つことなし」とある。

 柔道、剣道、棋道等々は、「礼に始まり、礼に終わる」という。大勝負を制するのは、大舞台でも、無欲、自然体でいられる平常心が身についた者だけの筈であった。

 かって、故米永棋聖は、棋理に反する手を打つことなく、水が流れる如く、よどみなく自然な手を打って「さわやかに勝つ」と言った。

 一局の勝負には、流れとリズムがある。攻めと守りのバランスが求められる。

 藤井聡太6段は、勝負態度やコメントも、中学生を越えた印象である。羽生竜王に勝つとは、誰も想定だにしなかった恐るべき中学生である。将棋界、勝負の世界の天才革命児ではなかろうか。


 日々の暮らしの中では、いつも人生への間合いと、微笑みを忘れないことです。

 人知れず、徳を積み、ひたむきに努力を続ければ、天が味方についてくれます。
 
 


参考図書




何故かジャズ されどジャズ














nice!(195) 

時間が動き輝くのは、今だけ! [宇宙]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


「宇宙が教える人生の方程式」の中で、佐治晴夫理学博士は、時間が動くのは、今だけと言います。

 「私たちは時間とともに生きています。過去も未来も想像の中にあるだけで、現実にはありません。

 私たちが現実に生きているという瞬間とは、このすさまじい「今」だけです」と言います。

 

 サン・テクジュペリ、「南方郵便機」の一節、大空から見たジュヌヴィエーヴへの想いを描く回想録がある。

 『私 は 泉 を 突き止め た。 おぼえ て いる かね?   それ は ジュヌヴィエーヴ なの だ……

 少女 の ころ の あなた を 思い描い た。 あなた は 十 五 歳 で、 私 たち の ほう は 十 三歳 だっ た。 あなた が 私 たち の 思い出 の 中 で 老ける はず も ある まい?   あなた は いつ までも あの ひ弱 な 少女 で、 私 たち も あなた の うわさ を 耳 に する と、 そんな 少女 の まま の あなた が 人生 に 乗りだし た 図 を 想像 し て み ては、 はっと する の だっ た』

「以上、サン=テグジュペリ. 『南方郵便機』 Kindle 版.より抜粋 」


 ふと振り返って、過去の思い出の中で、時間は動かない。過去や未来の中では、時間は止まっているのだ。現実に動く時間は今だけなのだ。

 だからこそ、生きて輝くこの瞬間、今が大切なのだ。

 とまった時間は、何も生み出さない、何も生まれない。

 私たちは、過ぎ行く時間の中で、今、最高に充実した仕事をしなければならない。

 サン・テクジュペリは、第2次大戦でフランス解放部隊に従軍中、命がけの偵察飛行を敢然と成し遂げ、1944年7月、地中海上で、ナチスの戦闘機部隊と交戦の上、撃墜され行方不明となったとされる。

 サン・テクジュペリの崇高で、逆境に立ち向かう勇気と使命感は、何処で養われたのだろうか。

 「人間であるとは、まさに責任を持つことだ。自分には関係がないような悲惨を前にして、恥を知ることだ」

 人間への賛歌と連帯感を常に抱いていた。

 「星の王子さま」を生み出した彼は、人間と地球への賛歌と弱者への温かい眼差しを持っていた。

 サン・テクジュペリは、飛行操縦士として、大空から見た世界の明日の建設と悲惨に対して、常に心を砕いていた。

 使命を背負う人間の崇高な姿を描く、「人間の土地」最終章の言葉である。

 「精神の風が、粘度の上を吹いてこそ、はじめて人間は創られる」


参考図書 宇宙が教える人生の方程式 








何故かジャズ されどジャズ






 
nice!(303) 

ひふみんアイ [社会]

my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。



 ひふみんアイ


 藤井四段が佐藤名人破る 次は羽生竜王と対戦
 引用記事全文
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25669010U8A110C1CR8000/

 将棋の加藤九段は、対局中、将棋盤の相手側に立ち、相手の目線で、自陣の駒組を視る。

 相手が視る局面の形成判断が、自分の判断と同じなのか、違うのかを確かめるためである。

 相手には、この局面の形成がどう映るのか、相手側に立って検証しようとする戦術である。

 読み筋は、自分と相手では違うことが多い。自分がいいと思っても、相手は一枚上の読みを持っている場合がある。相手の方が形成有利と見ている。

 囲碁でも、将棋でも、指し手は、局面の流れに乗り、勢いと気合がなければならない。自分だけの判断では、独善的な”読み抜け”の場合がある。

 ひふみんアイはこれを確かめる戦術であろうか。

 藤井四段は、このひふみんアイを取り入れた。総じて、桂馬の使い方が上手い。29連勝中の何局か、佐藤名人との本局でも桂馬が躍動した。かって、駒使いの名手として、升田の角、大山の金、中原の桂と言われた。

 幕末の剣豪たちは、生涯をかけて、剣禅一致、自然体の奥義に迫った。 

 中学生で、現役の名人に勝ち、欲や雑念を超えた自然体で指す、と言えるのは、恐るべき14歳である。

 
 とまれ、人間は、生き抜くために、太陽の光や、自然の恩恵を受け、他人が作ったものを食べて生きている。自分が立っていられるのも、他者の評価、協力が必要である。

 自分の姿は、自分では見えない。鏡に映る姿は、左右逆である。自己は常に他者ににより演釈される。

 自分が成り立つために、常に他者をいつくしみ、協力、奉仕が必要であろうか。

 慈悲の心である。

 勝負は勝たねばならないが、相手をねじ伏せるのではなく、さわやかに勝ち、勝っても、”惻隠の情”を持って相手に接し、負けるときは、潔く負けたいものである。

 剣道、柔道、棋道、そして相撲道、すべて、”道”と名の付くものは全て、この礼に基づき行われる人間の修練である。

 かって、故加藤正夫囲碁名人、本因坊は、大勝負の熾烈なタイトル戦で挑戦者にはなるが、タイトル戦、八連敗を喫し、万年二位に甘んじ、大勝負を制することが出来なかった。

 何が足りなかったのか!

 見かねた、当時の石田芳夫本因坊が、少し”遊びが足りないと言い、遊びを勧めた。2年間遊びほうけたと言われる。その結果見事、棋聖戦タイトル初奪取に成功した。

 以後、名人、本因坊、十段、棋聖、王座等々のタイトルを奪取したと言う。

 勝負の自然体、物に動じない、腰の据わった人間力を求める所以であろうか。


 一方、個人を超えて、国家の場合、独善的に国益を主張すれば、軋轢、紛争が起きる。典型は、テロである。

 シリア、イスラエル、北朝鮮等々、国際間の外交交渉には、友情は存在せず、非情な駆け引きとなるが、せめて相手に歩み寄り、理を突き抜けた着地点を見出したいものである。

 ひふみんアイ、この小さな主張が、他者や、他国の主張への協力、共存に役立てる方法は無いものだろうか。

 
YOUTUBE 佐藤名人対藤井四段 

https://youtu.be/FnQadn462a8


参考図書 慈悲の心




何故かジャズ されどジャズ  マーク コープランド


nice!(301) 

新しき年を迎えて [社会]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。

 
 新しき年の春を迎え、希望と祈りをこめ、本年も幸多き年でありますように!

 皆様方のご健闘、ご発展をお祈りし、精一杯のご活躍を期待いたします。

 本年も宜しくお付き合い下さるようお願い申し上げます。


 日本国憲法は米国の「根絶政策」 日本本来の価値観に立脚して憲法改正せよ

 
中国の描く世界像は、新たな中華のルールに基づく人類運命共同体である。彼らは歴史も国境線も国際法の定義も、企業の在り方でさえ、およそ全て中国共産党が主軸となった中華民族の価値観に基づいて変えていこうとしている。その中で日本の占める位置は厳しい。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/180108/plt1801080003-n2.html

 「日本外交が危機に直面 このままでは国益守れず」 河野太郎外相 中国の影響力拡大に懸念表明
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/180108/plt1801080011-n1.html

 祖国守る自衛隊が違憲の愚かさ 国際情勢から乖離する日本の安全保障観、憲法改正が急務
 
わが国の平和は、憲法が描き出す楽観的な安全保障政策によって守られてきたのではない。わが国の平和を保障してきたのは、精強な自衛隊の存在、そして強固な日米同盟の存在があったからだ。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/column/news/180111/clm1801110009-n1.html


 空前絶後の羽生善治、井山裕太 棋界に歴史的一歩
 
棋界を代表する両雄が歴史的一歩を記した。将棋の羽生善治氏(47)は初の永世七冠を達成し、囲碁の井山裕太氏(28)は初めて2度目の全七冠独占を成し遂げた。国民栄誉賞の同時授与が決まった2人の偉業は、空前絶後といえる。

 引用記事全文 
 http://www.sankei.com/politics/news/180105/plt1801050014-n1.html



 中国や北朝鮮の世界へ向けた恐るべき画策に、相変わらず、平和ボケ、対話ボケを以って対処しようという政治家、知識人が多い。

 核、ミサイルをめぐり、米朝激突の危機を回避するための対話が模索されているという。北京での外交上の水面下の米朝密約があると聞く。

 しかし、北朝鮮は常に国際社会の常識を反故にし、体制維持のためなら、節度も礼儀もかなぐり捨てるようだ。

 国内では、沖縄、北海道、対馬等々の不動産が、中国、韓国により、虫食いのように買い占められている。チャイナタウン、コリアンタウンがはびこり、歴史を歪曲した南京虐殺、慰安婦、徴用工等々の宣伝に使われるかもしれない。

 中国福建省福州市の「名誉市民」でもある沖縄の翁長知事の辺野古反対は、深層のどこかで中国の画策とつながっているのかも知れない。


 自分の生活が安泰であれば、危害がなければ、それで良いのだろうか。

 自分たちの立ち位置が、世界とどう関わっているのかお構いないのだろうか。

 反日を標榜し、そこに軸足を置くことで、多くの協賛を得ようとする魂胆が情けない。

 櫻井よしこ氏は、「中韓両国の歴史戦に、有力メディアのNHKや朝日新聞はいまだに反日歴史観の中に埋没しているかに見える」と糾弾する。

 朝日新聞は、中国主導による反日の「東亜日報」日本支社を朝日本社内に置く。安倍政権打倒が社是だと聞く。

 自分の国を、自己否定する根幹は、日本国憲法にあるという。

 白洲次郎氏は、「われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない」と言い、米国が創作し、日本に押し付けたと言われる日本国憲法を批判する。

 ヤジロベーは、支点(軸足)より重心が低いため、揺れても自在に動く。激動の世界に対応するため、軸足がぶれることなく柔軟な対応が望まれる。

 日本人としての本文を外すことなく、国の明日を考え抜いて欲しい。戦後民主主義や反日の本性を見抜き、礼儀、礼節を大切にしたい。

 国を護る自衛隊が違憲であるという議論を糾し、彼らの名誉を復権せねばならない。

 今の日本人には、自国を否定するという恥を知り、日本人であることの名誉を重んじる生きざまが望まれる。日本古来の誇り高き精神と信義を忘れないで欲しい。

 世界の友と連携し、無私無欲の志高き若者たちが、明日の日本を背負うことを願う。

 
 前記事でご紹介した、前人未到の羽生永世七冠、井山7冠のお二人、国民栄誉賞、おめでとうございます、と申し上げます。



参考図書  憲法改正  羽生善治








何故かジャズ されどジャズ  君去りし時




nice!(260) 

自然体の極意 [社会]

 my challenger's log Ⅱ 2冊目

 皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 羽生棋聖、史上初の永世七冠  
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/main/topics/main-35166-t.html


「厳しさ乗り越え成長」 大納会に囲碁七冠の井山裕太さん  
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/life/news/171229/lif1712290023-n1.html


 株この1年、アベノミクス継続に安心感、北朝鮮の挑発続くも 波乱消え、上昇気流に乗る
  引用記事全文
 http://www.sankei.com/economy/news/171229/ecn1712290014-n1.html


 世界はきな臭い。イスラムテロ、北のミサイル、核開発等々にもかかわらず、世界的好景気の中、

 バブル経済崩壊後、日本の株価は終値最高値、22,937円を更新した。25年ぶり、新記録だと言う。


 こちらも新記録、将棋の羽生永世七冠、囲碁の井山雄太七冠は、前任未踏の大偉業を成し遂げた。恐るべき天才たちである。

 勝負であるからには、勝たねば結果は出ないが、ただ強いだけでは勝てない。

 勝負を制するためには、強い人間力、意思の力が必要なのであろう。

 勝負の女神がほほ笑むのは、欲を乗り越えた自然体の人間力が必要であろう。


 井山七冠は、勝負は孤独との付き合い、自分一人で道を切り開く、強靭な精神力が必要だという。

 勝負には、いろいろな綾がある。一局の勝負の中に、流れとリズムがある。これらを俊敏にとらえないと、勝ち筋は見えてこない。

 流れには、勝勢と劣勢のリズムがあり、劣勢な時でも、流れに乗って耐え抜く力が必要だ。

 双方の力が拮抗していれば、相手をねじ伏せて勝ことはできない。ここが辛抱のしどころで、自分に負けぬよう耐えねばならない。

 勝負の大勢は、ほとんど相手の自滅で決まるようだ。運を呼び込む、支配する人間力を身につけねばならない。

 ここに自然体の極意があろうか。かっての剣聖、剣豪たちが、剣禅一致の精神で、生涯をかけて研鑽に努めたのが、自然体、無心の境地なのだ。

 井山七冠は、勝負の決め手が見えない時、相手に手を渡す極意があるという。


 ポーカーの神様、チャーリーディックスの法則に、選択しないという必勝法がある。相手にコールをかけさせ、自分は何も選択しないという必勝法である。全財産をかけるような乾坤一擲の大勝負では、先にコールする方が、震える、誤まる、ビビる確率が高いという。

 こうした境地には、並みの人間はなれない。長い熾烈な戦いの末に、自然と身につくものなのだろう。

 羽生永世七冠は、「井山裕太にしか打てない閃きと煌めきの一手がある」という。


 人間の心は弱い。迷いと揺らぎの果てに、欲を乗り越えた、清冽で強靭な境地に到達するのであろう。

 お二人には、勝利の女神がほほ笑む人間力がある。

 相手の気合に呑み込まれぬ強靭さと、気合をかわす間合いを身に着けている。我々凡人が近寄れない磨き抜かれた精神力であろうか。


 社会や宇宙には原理、原則がある。数式の=(イコール)で結ぶものは平衡、均衡、つまりバランス感覚なのだ。

 数式の左右どちらかが偏向、欠落していれば、数式が成立しないのは自明の理だ。自然体はこの心のバランス感覚なのであろうか。
 

 
 新しき年に向かって、生き抜くために、心の軸足と、身体の軸足をしっかりと身につけたいものだ。

 今年一年、お忙しいさ中にも、いつも本ブログを応援して頂き有難うございました。来年も宜しくお願い致します。

 どうぞ皆様、お元気でご健闘の上、良いお年をお迎え下さい。



 
参考図書

勝ちきる頭脳
勝ちきる頭脳井山 裕太

幻冬舎 2017-02-22
売り上げランキング : 2678


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ


祈り~春の海
祈り~春の海ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

ポニーキャニオン 2012-10-16
売り上げランキング : 276518


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





 


nice!(263) 
前の5件 | -